Close
Type at least 1 character to search
トップに戻る
イースターに向けたデジタルマーケティング

イースターで売り上げを伸ばすデジタルマーケティング

イースターサンデーは、ネット販売必勝には絶好の機会です。ホリデーをテーマにした販促こそ、売り上げ促進と、より多くのターゲット客に気づいてもらえるチャンスです。さらに、効果的な販促活動を行うことで、今後のキャンペーンを強化し、顧客と密接に関わっていく上で欠かせない見込み客のデータを収集することができます。

イースター期間中の宣伝効果として、ウェブサイトでのネット特典、インフルエンサーとの提携、ゲーム、ポップアップなどが挙げられます。ターゲットを明確にし、魅力的で、思わず買いたくなるような戦略を準備しましょう。

予想を超えるフォロワーや顧客を迎えてホリデーを祝う時です。

イースターに向けて本格的なデジタルマーケティングを探りましょう。これは売り上げアップ、そしてブランド強化に繋がる絶好の機会であるということを忘れないでください。

イースターにデジタルマーケティングを重視する理由とは?

イースターを含む、ホリデーシーズンの大半はギフト購入です。特にイースターは、日曜ということもあり、多くの人は家族で外出します。

購買意欲の高い時が売り上げを伸ばせるチャンスです。ここでデジタルマーケティングを発揮できます。

デジタル空間が成長し、より多くのターゲット客を獲得する上でデジタルマーケティングが非常に重要となってきます。EMarketer が実施した研究によると、2020年企業がデジタルマーケティングに費やす資金は1100億ドルと言われてます。

プラットフォームが企業に多くのメリットをもたらしているなら、ホリデーシーズンに活用しない手はありません。そうは言っても、デジタルマーケティングが必ずしも成功を導く保証はありません。成功には計画と戦略は必須です。利益を最大化したいのであれば、効果的なマーケティングプランを持つことが重要です。

効果的なイースターの宣伝方法

ホリデーシーズンに多くの人がギフトやイベントに沿った商品を求めに来ます。イースターの時期も同様です。

下記の実証されたデジタルマーケティングを活用して、ウェブサイトへのアクセス数の増加と知名度や利益アップに繋げましょう。

LPのカスタマイズ

LPは企業と顧客を繋ぐ非常に重要な役割を担います。イースターをテーマにしてLPをカスタマイズすることで、見る人が良い印象を持ち、効果的ないイースター販促が期待されます。イースター向けのLPをいくつかご提案します。

LPをカスタマイズする方法

  1. イースターの告知バナーを追加する
  2. イースターを基調としたデザインで顧客の目を止め、直帰率を上げる
  3. イースターでの過ごし方をイメージさせる動画を使って顧客の心を掴む
  4. CTAボタンを配置して、ニュースレターの登録や購入をしやすくする
  5. ライクボタンを追加してウェブサイトのエンゲージメントを改善
ソーシャルメディアを積極的に活用

46億2000万人がソーシャルメディアを利用してるという結果もでています。

まずは、Facebook、Twitter、Instagram、TikTokなどのアカウントを取得しましょう。これらの巨大プラットフォームから集客が見込めます。

顧客が複数のソーシャルメディアウェブサイトを利用してる可能性があります。ブランド、ターゲット客、一般客が最終的に企業がどのプラットフォームへ力を入れるべきか決めます。

決定したら、写真や動画の投稿など、様々なコンテンツを使ってソーシャルメディア上で、自社ブランドや商品の宣伝に取り掛かりましょう。

イースターを楽しみにしてる人々のために、コンテンツを作成してソーシャルメディアを最大活用しましょう。集客に成功し、購入へと繋げられます。

イースター期間中ソーシャルメディアでの宣伝が、年間売り上げに大きく影響します。ターゲット客が集まるプラットフォームを絞りましょう。ターゲットが専門的に動いてるブランドがあれば、TikTokよりもLinkedInでの宣伝をおすすめします。

ソーシャルメディアで使えるアイデアと方法についてこちらのブログで詳しく説明しています。

PPC広告キャンペーンを行う

検索エンジンの最適化でアクセス数を増やせる一方で、PPC広告はウェブサイトへのアクセス率を大幅(且つ素早く)に上げます。

イースターは1日限りですが、SEOは長期戦略として、確実にサイトへのアクセス数を増やす上での継続的な実行が求められます。自社のイースター販促を広める上で、LPへ飛んでもらうためには時間との勝負です。

その次に重要となるのが、イースターのPPC広告キャンペーンです。効果的なPPC広告キャンペーンがサイトへのアクセス数を増やします。

もう1つPPC広告の大きなメリットはクリックの特異性です。検索エンジン最適化によって全員が自社ブランドを見つけられる一方で、PPC広告によって地域、興味などの要因を基にターゲティング広告を作成できます。

これは、商品に興味のある人のみ自社ブランドを観覧できるため、購入率が高まります。しかし、PPCやSEOは密接に関係してので、ブランド認知度を上げるには無料広告と有料広告の両方が必要となります。

洞察力のあるコンテンツの作成

商品またはサービスの宣伝が売り上げ繋がる一方で、消費者はお得な情報を求めています。大胆にイースターの宣伝を行いましょう。

自社商品に関する記事や動画の作成や収集に時間をかけ、キャンペーンの打ち出しで顧客の共感を得ましょう。売り上げアップに繋がり、ターゲット客は自社ブランドがイースターを祝杯する習慣があることを知り親近感が湧くはずです。

メールを個別化

Statistaによると、2021年時点で3196億通のメールが送信されてることがわかってます。

大量のメールの中から目に留めてもらうには、思わず開いてウェブサイトへ飛んでみたくなるような、他とは違う内容である必要があります。そのためにはメールの個別化が最適です。

メールの個別化は名前を使うため挨拶がしやすくなり、前回の購入履歴を基に広範囲に顧客に気を引く内容をお見せすることができます。この戦略によってメールの開封率とクリック率が上がります。

イースター期間中、顧客の心を揺さぶるテーマのEメールキャンペーンを作成することで、確実にコンバージョンを獲得し、売り上げへと繋がります。

ライブストリーミング

この新たなコンセプトはソーシャルメディアで勢いを増してます。今やYoutube、Facebook、Instagram、TikTokのライブストリーミングを通じて人々は繋がっています。

直接的な関わりは顧客との関係を築く上で最適な手段の1つです。ライブストリーミングで直接顧客と関わることができることから、ブランドの認知度も上げることができます。ライブストリーミングの間は販売に集中できなくても、ブランド認知度を築くいい機会です。

イースター期間中のライブストリーミングで、社内の暖かい雰囲気をお届けすることができます。ゲームなどで顧客とその家族や大切な人を繋ぐことができます。これにより、自社ブランドに対する贔屓と、リピート率を上げることができます。

最後に

イースターは多くの人が家族や大切な人と時間を過ごします。胸が高鳴せながら家族のためにギフトを探すように、企業側は見込みのある顧客へイースターをテーマに打ち出しで商品やサービスを提供できるチャンスです。

全てがネットのデジタル時代に突入して長い月日が経ちます。家族写真から会議までほとんどがデジタルで行われています。デジタルイースター魂に磨きをかけたマーケティングの実践は、人々の感性に触れることでブランドと顧客を繋げます。

イースターをテーマにしたデジタルマーケティングが、自社ブランドの信頼関係を築き、イースターだけでなく今後の売り上げを伸ばします。個性溢れる、効果的なホリデー販売キャンペーンのことなら是非お問い合わせください。