Close
Type at least 1 character to search
トップに戻る
デジタルマーケティングとECの進化

デジタルマーケティングとECの進化

2040年までに、全購買額の95%がECを経由するようになることをご存知でしょうか。 

全世界で40億人以上のユーザーがソーシャルメディアを日常的に利用している現在、すべてのECビジネスオーナーがデジタルマーケティングの核となる考え方を熟知している必要があります。 

つまり、1983年にインターネットが誕生して以来、デジタルマーケティングは大きく発展してきたということです。 

マーケティング戦略は現代のECストアの形やニーズに応じて、長年にわたり劇的に進化してきました。間違いなくマーケティングは、商品中心のプロモーションから、サービスに特化したものへと時代とともに変化しています。

これらの戦略はすべてマーケティングから生まれたものであり、デジタルマーケティングとEC全体の進化は、事業開発などの新しいトレンドや概念を生み出しました。

この記事では、デジタルマーケティングが長い年月をかけ成長し、今やECビジネスに不可欠な要素となっていることについて説明します。

従来のマーケティング手法の崩壊

数十年前に主流とされていた従来のマーケティングでは、消費者がアクセスできるマスメディアはテレビや雑誌、新聞など限定的なものでした。従来のメディア広告はかなり効果的であったものの、高い費用面が障壁となり多くのブランドにとっては非現実的な手法でした。

しかし、メディアの技術的進歩と、消費者がよりテクノロジーに精通するようになりすべてが変わりました。デジタルマーケティングとECが進化し始めたのです。 

デジタルマーケティングとECの進化と歴史

ブランドプロモーションの手段としてのデジタルマーケティングの始まりは、1990年代にさかのぼります。デジタル化はインターネットの登場とWeb1.0のプラットフォームの進化によって始まりました。Web1.0のバージョンでは、ユーザーは情報にアクセスすることだけが可能で、広告やその他のプロモーションコンテンツをオンラインで共有する機能は持っていませんでした。

当初世の中のマーケターも、オンラインプラットフォームが今日のような成功を収めるとは思っていませんでした。この時代はまだインターネットがユーザーに浸透していなかったため、デジタルマーケティングがどのように進化していくのか予想もつかなかったのです。

検索エンジンの誕生とウェブサイトのトラフィック

1993年、クリックできるバナーが初めて登場し、その後HotWired社はバナー広告を購入してデジタルマーケティングのプロセスに導入しました。これがデジタル化への始まりで、徐々に新しい技術やマーケティング手法が生まれるきっかけとなりました。 

同年、Yahooが誕生し初年度に100万近いアクセスを獲得しました。これをきっかけに、デジタルマーケティングの分野にも変化の波が押し寄せ、企業はより多くのトラフィックを誘導するために既存のWebサイトを見直し、デザインを変更し始めたのです。 

1996年は、Alexa、LookSmart、HotBotなど、他のサーチエンジンのデビューの年でもありました。 

トップウェブサーチの出現

1997年9月15日、創業者のラリー・ペイジとセルゲイ・ブリンは、間もなくGoogleという名前を商標登録し、google.comというドメインを登録しました。そしてほぼ1年後の1998年9月4日、彼らは正式に会社として法人化し検索エンジンを設立しました。 

1996年より社名をBackRub((背中をマッサージ))としていましたが、この名前は続きませんでした。「Google」の方が「Backrub」よりずっと響きが良く、利用者に不信感を与えないと考えられたからです。また、同時期マイクロソフトも検索エンジンMSNを作り、ヤフーはYahoo Web Searchを立ち上げました。

デジタルマーケティングの進化に伴うITバブルの崩壊

数年後、インターネットバブルが崩壊しました。Googleが一貫して検索アルゴリズムを最適化する一方で、他の企業は敗退し、最終的に小規模な検索エンジンはトラフィックを充分に得られず市場を広げることができなくなったのです。小規模検索エンジンの衰退により、大手企業が市場にてより大きなシェアを獲得する余地が生まれました。 

それから10年という月日がかかりましたが、デジタルマーケティングが初めて大きな成長を遂げたのは、検索エンジンからのトラフィックがわずか1ヶ月で64億ユーザーに達した2006年のことでした。

この競争から後手を踏むことを恐れたマイクロソフトは、MSNのアルゴリズムを見直し、YahooやGoogleに対抗するためにLive Searchを立ち上げました。 

Web2.0が一般公開される

1999年1月、現在のWebである「Web2.0」が公開され、ユーザーがブラウザのウィンドウに情報を書き込むことができるようになりました。人々はもはや閲覧のみの受動的なユーザーではなく、インタラクティブな交流が可能になったのです。 

企業はデジタルマーケティングの進化とともに、オーディエンスと直接自由に交流が可能になりました。そしてインターネットは情報スーパーハイウェイとなり、デジタルマーケタ―が活用できるチャネルが生まれ、ブランド構築はより重要なものとなりました。 

Googleのトラフィックが約64億ユーザー増加した史上初の急成長とともに、2004年までに、デジタルマーケターと米国の広告業界だけで29億ドルの利益を記録しました。

ソーシャルネットワークの登場

インターネットが普及し、ソーシャルネットワークが登場し始めた事で人々がインターネットの中に自分の居場所を見つけたことは疑いようもありません。2003年に最初のソーシャルメディアMySpaceが公開され、そのあとすぐにOrkutとFacebookが続きました。 

多くの企業がこれらのエキサイティングなプラットフォームの価値に気づき、デジタルマーケティングやECの充実とともに、ビジネスの新たな可能性が広がりました。

もちろん、新しいテクノロジーの発展により、企業はソーシャルメディアプラットフォームを活用するために再び戦略を練り直す必要があったため、オンラインマーケティングも進化していくことになったのです。

クッキーを活用する

広告主は、テクノロジーを最大限に活用するための革新的な方法を模索し始め、そのうちの一つとして、ユーザーのWeb閲覧の習慣や頻度、パターンを分析することを考えました。 そのなかで、クッキーはユーザーの習慣を追跡することに利用され、デジタルマーケティング分野でマーケターにとっては非常に重要な役割を果たしています。

クッキーの目的は時代とともに変化してきましたが、現在ではより詳細な顧客データを収集するためにプログラムされています。

デジタル広告の進歩

2000年代初頭、マーケターたちはデジタルマーケティング業界をしっかりと確立し、その存在感を示していました。2004年には、アメリカだけでインターネット上の広告から約30億ドルの利益を記録しました。 

そして、2005年にYouTubeが登場し、企業は動画を共有するプラットフォームを手に入れました。現在、YouTubeには数百万人の登録者とユーザーがおり、多くの企業は売上を伸ばすためにこのプラットフォームを活用しています。 

2011年にはウェブの利用がテレビの視聴を上回り、GoogleはGoogle PandaとGoogle +を導入しました。徐々に、ソーシャルメディア上での広告がビジネスで最も利用されるマーケティングプラットフォームの1つとなり、ソーシャルメディアマーケティングの予算は64%の増加を記録しました。 

より新しいテクノロジーの登場とデジタル化の発展により、LinkedInやその他のソーシャルメディアプラットフォームで、カスタマイズされた広告が登場しました。

また、活発なマーケティングやインバウンドマーケティングの成長とともに、2015年にはリアルタイム情報をモニタリングするウェアラブルテクノロジーと予測技術が始まりました。

現代に至る 

2020年にはCovid-19の大流行を世界は経験しましたが、これはおそらくデジタル時代のECの成長を最も加速させました。 

ECは常に変化し、小売業者は顧客のニーズに合わせてオンラインビジネスを日々円滑なものにしています。

人工知能の強化

人工知能(AI)とデジタルマーケティングの活用は、ECを大きく変えました。AIの多くの利点のおかげで、ビジネスオーナーがオンラインストアを確実に拡大できるようになりました。 

さらにAIは、顧客の購買傾向の予測や調査、在庫の最適化、チャットボットによるカスタマーサポートの充実、ボイスショッピングの活用、ソーシャルメディアキャンペーンの最適化などにも役立ちます。また、面倒な定型作業を自動化し、労働力を削減することもができるのです。 

新しい購買体験

拡張現実(AR)と仮想現実(VR)は、Snapchatで使われるような楽しいフィルター以上に実用的な用途があります。AR機能は若い世代を惹きつけ、企業はスマートデバイス上で店舗での購買体験を再現することができるようになりました。より良いエンゲージメントのためのインタラクティブな広告の作成、購入前のバーチャル試着、3Dビジュアライゼーションによる商品寸法の判断などに非常に有効です。 

未来のデジタルマーケティングとECの進化

ソーシャルメディアから検索エンジン最適化まで、デジタルマーケティングは毎日の生活に影響を及ぼしています。

デジタルマーケティングは、中小企業や起業家に、オンラインの世界で競争優位に立つ機会を提供します。企業は、デジタル化とインターネットマーケティングにさらに踏み込むために、統合的な技術と戦略を活用する必要があります。

デジタルマーケティングのECの進化は物事の捉え方を変え、企業はパーソナライズされたコンテンツの開発、刻々と変化するSEOのルールへの適応、スマートなデジタルテクノロジーの採用を推進しました。

数年前に主流であったマーケティング手法が、瞬く間に時代遅れになると誰が想像したでしょうか。デジタルマーケティングとECの進化により、企業は業務を変革し、ROI(投資利益率)の向上を実感しています。

インターネットマーケティングの進歩についていけなければ、ブランド確立に遅れをとるかもしれません。今こそマーケティング活動をデジタル化し、リターンを増大させる時です。

競争の激しいグローバル市場でブランドを確立するために、ぜひ弊社のデジタルマーケティングの専門家に今すぐご相談ください