Close
Type at least 1 character to search
トップに戻る
パンデミック後のグローバルECビジネス

パンデミック後成功する方法: グローバルECビジネス

コロナの影響により密を避け、ウィルス蔓延防止として実店舗の閉店が余儀なくされました。小規模ビジネスや組織にとって、当初は果たして個人の能力レベルでビジネスが続けられるのか不安がありました。 

ところが現在ではパンデミックの状況をも受け入れ、ネットビジネスへの参入、従業員や顧客への対応がデジタル化になることで高利益をもたらすということが証明されています。コロナ禍だからといって不安に感じることはもうないのです。

パンデミック後のEC市場

ロックダウンにより企業や顧客にニューノーマルが出現し、企業にとってデジタルプラットフォームやオンライン販売以外の選択肢がなくなりました。すでに参入していた企業にとっては、独自のECストアへより力を入れるようになりました。

 2400万近いECストアが、昨年あたりから26.7兆ドルの収益を生み出し、この数字は今後伸びていくと予想されています。つまり、状況が改善したあともオンラインショッピングの流れは途絶えることはないと言ってもいいでしょう。 

国内展開で開いたECストアも、小売業者のほとんどは近年海外への配送も行っています。そして、全世界への配送を検討しています。 

グローバルECが増え続けるように、多くのEC起業家が海外取引可能なオンラインストアを利用して成長を促しています。さらに国際決済ポータルや配送業者のおかげで、海外への販売が以前より簡単になりました。

この記事では、2022年パンデミック後に海外で知名度を得るにはどのように海外へ向けて事業を始めたらいいかを、ご紹介します。 

ECビジネスを成功させるには: 基本

海外の訪問者向けにECストアを開く際、いくつかの困難に直面する可能性があります。しかし心配はいりません。 やり方さえわかれば、これらの共通課題は乗り越えられます。 

まず初めに必要なのは、計画と直面するであろうリサーチ、そして乗り越えるための対応戦略です。 

いくつか案をご紹介します。:

自社商品の強みと市場への理解を言語化していく

世界市場に足を踏み入れる前に、自社ブランドが勝てそうな市場の弱みを見つけます。例えば、参入しようとしているターゲット国で、すでに同じ分野のECストアが混在していれば、顧客は確立されてるオンラインストアから購入するでしょう。なぜなら、その方が注文を受けるスピードが早く配送料も抑えられるからです。 

ECストアを開く前に、自社商品が海外の市場で需要があるか下調べが必須となります。
自社商品の強みと市場への理解に基づいた考え抜いたブランディングが、市場シェアの獲得に繋がります。

時間をかけてターゲット顧客を理解する

海外へサービスを拡大する際、全オンラインストアのオーナーに立ちはだかる一番の壁は、ターゲット顧客の理解不足です。どの国でも独自のカルチャーが存在するため、各市場の課題点がわからないのが事実です。どういったマーケティングの方向性なら最大の結果を残せるのか不明瞭では、的を外し、時間とお金を無駄にすることになります。

そのため、ターゲット顧客の密接にコミュニケーションを取りながら心を掴む方法をリサーチし、自社商品を通じた顧客が抱える課題点の解決に労力を注ぐ必要があります。少しの努力で最大の利益を掴もうとするのは禁物です。 

世界で戦うための効果的な戦略を立てる

各国にそれぞれの規則や規定が存在します。海外でECビジネスを拡大させたいのであれば、目を伏せてはいけません。さらに、グローバルECビジネスを運営するにあたり、海外への商品提供には各国の税金を支払う必要もあります。

多くの国で、パンデミック以来このような税金の導入や増税を行っています。これらの関税は、パンデミックによる劇的な変化が起こる新興経済国では一般的です。そのため、税金を支払っても利益が出るか確認する必要があります。

このように、グローバルECの世界へ足を踏み入れる前に、総合的な戦略を立てることが必須となります。

グローバルEC戦略と考慮すべき5つの要素

2022年のグローバルECストア戦略を立てる一方で、複数の要素を考慮することをオススメします。これらの要素が基準を明確にし、経営がうまくいくように最大の結果をもたらしてくれます。グローバルEC戦略を成功させる5つの要素をご紹介します。

  1. 適したプラットフォームの選択

海外の訪問者へ知ってもらうための最初のステップは、プラットフォームの選定です。プラットフォームは拡大、カスタマイズ、コンバージョン率の最大化に重要な要素です。 

海外でのサービス提供で避けられない課題は言語です。柔軟なプラットフォームであれば、その国の言語への翻訳や、文化に沿った対応が可能です。 

ほとんどのオンラインストアのオーナーは、海外へ商品を提供する手段としてアマゾンを利用しています。しかし、アマゾン内には多くの競合が存在するため、コンバージョン率を上げるどころか下げてしまいます。

これによって、顧客の気を引くことは不可能ではないものの難しいのが現実です。

アマゾンのような競合相手が集結するEC市場で成功するために必要なのは、LingbleのようなグローバルECビジネスに精通したパートナーです。弊社のECマーケティングのプロと手を組めば、海外展開において必ず直面するリスクを軽減し、ターゲット顧客へ商品を届けるチャンスが増えます。 

  1. 特定地域に限定したコンテンツ

海外配送を開始する際、その国に合った商品展開をする必要があります。 Eメールマーケティング、ソーシャルメディアマーケティング、コンテンツマーケティングは、潜在顧客へ、サービスに関する情報を提供できる最適なツールです。顧客を魅了して購買欲を上げるため、継続的に行動喚起を行うことが大切です。

その国の言語でコピーライティングを記載して、コンテンツのローカライズを行いましょう。商品説明やマーケティングコンテンツを単純に訳すのではなく、その国に馴染みのある言葉且つ、カルチャーに沿った文言を新たに作成することが重要です。

  1. 充実した決済方法

購入時に選択できる決済方法次第で、コンバージョン率は大きく変わります。パンデミック前は、代金引換えを選択する人が多くいましたが、パンデミック以来、60パーセントはクレジットカード、またはデビットカードの決済を利用するという調査結果もあります。クレジットカードやデビットカード同様、2億5400万の利用者を誇るPayPal(ペイパル)も世界的によく利用される決済方法です。

そのため、顧客が気軽に買い物ができるように、ストア側は複数の決済方法を提供する必要があります。また、全ての決済方法が顧客の安全を確保できているか、継続して確かめることも必要です。

  1. 物流と配送の管理

利用する配送サービスの配送料が安く、安全且つ指定日時に荷物が届くことを確認する必要があります。

各国に、大量の商品を保管できる倉庫の確保もひとつの案です。ただし、注文数が、特定のエリアから大量にある場合のみ用意しましょう。各国で倉庫を借りて維持することは安くありません。費用対効果が見合ってるか確認しましょう。さらに、大量の在庫に投資する必要があり、予定通りに商品が売れない場合、損失がでます。 

最も良い対策は、物流と配送サービスを提供しているサービスの利用です。それにより、配送料を正確に見越した上で、全商品の発送、発送先へ指定日時に届いてるか確認できます。 

  1. 迅速なカスタマーサービスの提供

カスタマーサービスは、顧客の満足度を保つ上で重要な役割を担い、ブランドを守る存在でもあります。覚えておきたいのは、サービスに満足した顧客は必ず戻り、さらに身近な友人や、家族にブランドを紹介してくれます。。購入に対して安心を得てもらうため、最上級且つ迅速なカスタマーサービスを提供しましょう。

カスタマーサービスは、9時から5時体制ではなく24時間体制にすることで、異なるタイムゾーンでも顧客は常にお店に訪問することができます。さらに、商品を提供する国の言語、カルチャーに問題なく対応できるカスタマーサポートを手配する必要があります。

カスタマーサービスは、Eメールや電話番号、WhatsApp、ソーシャルメディアなど、複数のチャネルを利用を推奨します。 

グローバルECストアに関連する一般的なリスク

どんなECストアにもリスクはつきものですが、海外でのサービス提供となると、なおさらリスクが気になるものです。リスク回避するため、問題解決や、効果的な方法を知る必要があります。

クレジットカードとデビットカード詐欺

グローバルECストアの主な支払い方法は、クレジットカードまたはデビットカード、銀行送金、PayPal(ペイパル)などのオンライン決済です。これにより支払い詐欺のリスクが高まります。 

融通が効く返金ポリシーの乱用、偽造の返金要求を訴えてくる顧客もいます。中には商品の未着を訴えたり、破損や使用済み商品を受け取ったことを証明するため、偽造の証拠を提示することもあります。

このような場合、十分な証拠があれば、業者(銀行)が返金対応します。商品を失う上、物流会社への支払いも行わなければならないため、運用者への影響は大きいです。

返品

海外配送には数週間かかるため、その間に顧客には本当に必要な商品か考える猶予ができます。 商品の到着に時間がかかる際、注文を取り消して返金を要求する場合もあります。

また、配送先住所が間違って記入されており、商品が物流会社に送り返されることもあります。残念ながら、このような場合売り上げがなくても配送料は支払わなければなりません。 

パンデミック後にグローバルECストアを開く: 最後に

パンデミックによってグローバルECへの道が開かれ、新たなビジネスとして、またはすでに確立されてるECを世界に拡大させるチャンスです。しかし、まずは全ての課題に対するリサーチを行い、万が一に備えましょう。

世界で戦えるECストアを出店できるように、弊社が安全なプラットフォームをお届けし、リスク軽減のお手伝いを致します。コンテンツのローカライズや、カスタマーサービス、支払い方法、配送に関してはLingbleにお任せください。 

パンデミック後のグローバルビジネス戦略に関して是非弊社にお問合せください