Close
Type at least 1 character to search
トップに戻る
商品をローカライズする方法

商品をローカライズする方法

顧客の需要は、住む地域、地政学的条件、その地域のトレンドによって異なります。商品を世界へ広げたいのであれば、それぞれの需要に柔軟に応える必要があります。そのために、対象となる人々のニーズに沿った商品作りが求められます。

商品ローカライズの戦略を練ることには、多くのメリットがあります。例えば、マーケティングや広告をローカライズした企業は、競合相手よりも優位に立てます

しかし、ローカライズのメリットを理解していたとしても、多くの企業はこの戦略を重視していないのが現状です。 

では、重視させるべき理由を探りましょう。

商品ローカライゼーション: その地域の顧客をもてなす

商品ローカライゼーションは、特定のターゲット国に合わせて、主にイメージ、メッセージ、UX要素、あらゆるユーザー体験の強化に焦点を当てています。

地域に関連するマーケティングリソースや、素材がその地域の顧客に馴染みがあるように編集、適応させていくことが、商品ローカライゼーションの軸となっています。 

マーケティングは地域の人々の心を掴めなければ意味を成しません。最悪の場合、タブーとされる内容な発信を知らぬまましてしまい、裏目に出てしまう可能性があります。商品ローカライゼーションはそのようなリスクを回避します。例えばこういった場合に有効です。:

  • マーケティング内容が、スタイルや色、言語、味などに関して、地域の好みやカルチャーに合わない場合、エンゲージメントをどう獲得していったらいいのか?需要を見越して準備した販促ツールがうまく馴染まない場合、その地域でどのように商品の需要を上げたらいいか?

商品ローカライゼーションは、マーケターがまず注意すべき問題点に焦点を当て、特定のターゲット市場の文化的背景に沿ったプラン形成を可能にします。 また、言語だけでなく、マーケティングをその地域のマナー、風習、顧客の行動パターン、社会的規範、価値に合わせて修正します。

商品ローカライゼーションが重要な理由

適切に立てられた商品ローカライゼーション戦略は、顧客体験を向上させ、ターゲット市場への効果的なサービス提供を可能にします。同時に、ブランドの一貫性とアイデンティティーの保持を助けます。

新たなターゲット市場の獲得と、効果的に顧客のニーズに応えるために、商品ローカライゼーション戦略を利用しましょう。

顧客満足度の上昇

市場に沿った商品、またはソリューションを届ける上で、ローカライゼーションは顧客満足度を最大限に上げる重要要素です。その良い例が、Netflixの ローカライゼーション戦略です。

効果的な商品ローカライゼーションとは、既存のコンテンツベースの作り替えや、直訳ではなくオリジナリティーの創出です。それにより、他にはない特別な商品体験を可能にします。

幅広い顧客基盤

商品ローカライゼーションがうまくいけば、幅広いターゲット国の人々へサービスを届けられます。これは、常連客の幅が広がることで、売り上げや利益が大幅に期待できるため絶対に覚えておきたい点です。

例えば、世界的に指示を得ている一部ブランドもありますが、多くのブランドは地域の好みやテイストに合わせて、商品のバリエーションをローカライズすることで売り上げに繋げます。

より簡単に商品拡大

別の市場へ拡大することで、既存ユーザーへのサービスを阻害しないか確かめましょう。これは、現在の顧客ベースが、ブランドの拡大に伴い影響を受けないため非常に重要です。

ローカライゼーションは、中核となる商品を変えずに新たな市場へ飛び込むため、既存ユーザーを遠ざけるようなことが起こりません。地域のニーズや特定の好みを考慮して商品をカスタマイズするだけです。

ターゲット客を元に商品を効果的にローカライズする方法

ここでは、ターゲット市場のニーズや好みに沿って商品をローカライズする方法をご紹介します。

適切に市場調査を行う

ターゲット市場の中身、イメージやコンテンツの言語、配慮するべきカルチャーまたは地域に関する情報、これらを極めることが非常に重要です。 

ターゲット市場の文化的好みや違いを考慮せずには進められません。現在のマーケティング活動が、海外のカルチャーに全く通用しない可能性もあります。文化的配慮が欠けたことにより、見込み客を遠ざけることは避けたいです。 

例えば、日本では競合相手を陥れる行為は絶対にしません。Appleは、日本以外の諸外国で顧客の奪い合いを競合を卑下しながらする一方で、日本市場への拡大の際は、PC対Macのような対立関係を生むマーケティング戦略を禁じていました。

商品ローカライゼーションチームを作る

商品ローカライゼーション戦略を成功させるには、専門チームや部署が必要になっていきます。プロジェクトマネージャー、コピーライター、商品開発担当者で構成するのが理想です。

  • プロジェクトマネージャー プロジェクトマネージャーは、チームをマネジメントし、業務が滞ってないか確認します。また、 チームに求められるスキルとして、ローカライズを目指す国の言語が、ほぼ理解できるまたはネイティブであること、高いコミュニケーションスキル、細心の注意を払える能力、豊富なプロジェクトマネジメントの経験が挙げられます。
  • コピーライター— ライターの責任は、商品やマーケティングを変換し、その国の言語に結びつけることが仕事です。そのため、ターゲット国またはその言語のネイティブスピーカーである必要があります。ライターが商品を管理できれば、互いの翻訳校正をしながら、イノベーティブ且つクリエイティブな解決策を見つけることができます。
  • 商品開発担当者— 商品開発担当者の仕事は、情報をコピーライターに細かに共有することで業務を簡易的にし、サイト上での実際の商品情報のモニタリング、情報の更新、完成した翻訳の見直しを行います。商品開発担当者は、キャンペーン中、商品ローカライゼーションチームと密接に活動します。翻訳前の商品情報やサイトへの問題の指摘や修正を担当します。 

例えば、Netflixの場合、自社内でローカライゼーションのプロジェクトマネージャー、言語マネージャー、商品開発担当者が、ローカライゼーションのほとんどを現地の事業者へ外注しています。

専門知識と適切なソフトウェアの利用

商品ローカライゼーションの過程で重要事項の1つです。 

商品固有のコンテンツを特定のターゲット市場へローカライズするには、努力と時間を要します。地域ユーザーや検索エンジンを網羅するために、ローカライゼーションに詳しい専門家の知識を借りましょう。 

適切なプラットフォームと併せて、経験豊かな翻訳者やリソースが企業を助けます。

商品ローカライゼーションでは、一度行えば全てに対応するわけではありません。アメリカで通用する戦略が中国で通用するとは限りません。逆も同様です。それぞれの市場ニーズや需要に応じる必要があります。

結果をテストする

商品ローカライゼーションが整ったら、次は戦略が新しい市場でうまく機能するか確かめます。実際に計画した戦略を簡略化したものをリリースし、ベータテストしてみるのも一つの手です。これにより新顧客が経験し得る的確なアイデアが得られ、本リリース前の修正が可能です。 

最後に

商品ローカライゼーションの最適化と準備は、初めは大変かもしれませんが、試行錯誤を重ね長期的に完成させるものです。

市場での独自の文化や風習に注意を払い、ローカライゼーションのアプローチが機能するか必ず顧客の反応には入念に気を配りましょう。

顧客の信用を築くには、忍耐力と時間を要します。そのため、成功するには広範囲且つ、注意深い実践が必要不可欠です。 

弊社はグローバルEコマースプラットフォームを提供しており、世界市場で簡単にローカライゼーションを行うための必要なEコマースソリューションが整っています。

弊社のパートナーとして、ご興味がある場合はご連絡ください。。