Close
Type at least 1 character to search
トップに戻る
paid media advertising strategies 2022

2022年おすすめペイドメディア広告戦略10選

オーガニック検索単体に頼るだけでは十分に目的を達成できない今、ペイドメディア広告はあらゆる種類・規模のビジネスにとって欠かせない現代のマーケティング要素の1つです。今回のブログではペイド広告とは何か、そしてペイド広告を活用してマーケティング戦略を強化できる方法をご紹介します。 

ペイドメディア広告とは

ペイドメディアとは企業が費用を払うあらゆる広告コンテンツのことです。

これに対し、オウンドメディアは企業が所有するチャンネルを含みます。また、アーンドメディアとはブランドについて触れられているものの第三者(クライアントやプレスなど)が作成するコンテンツを指します。

自身が作るペイドメディアのデザインや方向性はコントロールすることができますし、非積極的なリード獲得をすることもできます。ペイドメディアの投稿や広告は次回のキャンペーンで変更や方向転換するまでの間、常に様子を見張っていなくてもずっと作用し続けます。

ペイドメディア広告が提供されているチャネルはFacebookやその他ソーシャルメディアだけではなく、Googleやメルマガのスポンサー、インフルエンサーマーケティングなど多くのチャネルで活用することができます。

ブランドにとってペイドメディア広告が必要な理由

世界のソーシャルメディア広告費は年平均約12%で成長し2022年までには2,303億ドルに達し、2026年までに3,620億ドルに達すると予測されています。これらの数字を裏付ける強い根拠があります。

ペイドメディアは追跡可能かつ即座にリードを生み出し、効果を得られるので多くの企業に好まれています。たとえばFacebook広告は興味を示している見込み顧客に対してわずか数分のうちにターゲティングが可能で、同時に大量のインサイトも提供してくれます。

また、ペイドメディア広告はターゲットオーディエンスのブランド認知度向上にも効果的です。ブランドアイデンティティの構築に時間を要する他のマーケティング方法とは異なり、ペイド広告はすぐにトラフィックを獲得できるため露出度が高くなります。また、ペイドマーケティングは幅広い属性の人々を効率的かつ迅速いターゲティングすることができます。

2022年におすすめのペイドメディア広告戦略

これから専門家が推奨する広告キャンペーン戦略をいくつかご紹介しますので、価値あるリードとさらなる売上、そしてECサイトへの訪問者を獲得しましょう。

2022年のおすすめ戦略10選をご紹介します。

  1. 予算の見直し、最適化、モニタリング

すでにペイドメディア広告を立ち上げている場合、かならずパフォーマンスと結果を見直す必要があります。ペイド広告キャンペーンの立ち上げは最初の一歩であり、残りの作業はキャンペーンを常にモニタリングすることです。

キャンペーンを見直すことで一日ごと、もしくは一月ごとにかかる広告費の目安を知ることができます。キャンペーンを実施する前に、キャンペーン全体に必要なマーケティング予算を設定しましょう。 

キャンペーン予算の精度が低い場合、キャンペーンにかけた努力が水の泡になってしまうだけではなく広告予算も無駄になってしまいます。配分された予算内で収まるようにキャンペーンのモニタリングと最適化が必要です。

  1. コンテンツマッピングを使う 

ペイドメディア広告は特定のオーディエンスをターゲットにします。広告キャンペーンに費用を使うときはコンテンツの品質を含めてキャンペーンのあらゆる側面に注意する必要があります。ターゲットにしているプラットフォームでコンバージョン率を上げ、可能な限りの訪問者数を獲得するためにはコンテンツマッピング戦略を使うことをおすすめします。

コンテンツマッピング戦略では、ターゲットオーディエンスに適したメッセージを作り、適切なタイミングで送ります。また、あなたのブランドのデモグラフィックの調査や適切なタイミングでのペイド広告キャンペーン展開もコンテンツマッピング戦略です。 

バイヤーペルソナ、キャンペーンの監査、コンテンツの選定、セールスファネル内のカスタマージャーニーなどの要素も含まれます。

  1. ターゲットオーディエンスをフォローする

ペイドメディア広告においてターゲットオーディエンスは重要な存在ですが、すべてのターゲット属性に対してキャンペーンを展開しなければならないというわけではありません。幅広いオーディエンスに対して積極的にターゲティングすることは可能ですが、大きな効果を得られないでしょう。

PPC広告のようなペイドメディア広告にはクリック数やインプレッション数に応じたコストがかかるので、顧客やクライアントになる見込みのあるオーディエンスにターゲティングすることをおすすめします。オーディエンスを調査することで適切なオーディエンスに賢く広告費をかけることができ、CPRとROIを最大化できます。

  1. バナー広告を使う

バナー広告は多くのブランドや企業に人気のペイドマーケティングの方法です。バナー広告はマーケティング業界に長く存在していますが、今日においても効果的です。バナー広告には次のようなものがあります。

  • 動画広告
  • インタラクティブ広告
  • アニメーション広告
  • 静的広告

バナー広告はサイズやカテゴリーに応じてカスタマイズすることができます。通常サイドバーやページのトップなど、簡単に視認しやすい場所に表示されます。また、バナー広告はパソコン用のウェブサイトだけではなくスマートフォンやタブレットとも互換性があります。

  1. ランディングページの作成 

ペイドメディア広告を効果的に運用するために広告グループごとのランディングページを作りましょう。ペイドメディア広告の主な目的はブランド視認性とコンバージョン率の向上、そして顧客やクライアントとのエンゲージメントを増やすことです。

見やすくてデザインも魅力的なランディングページはオーディエンスに価値をもたらします。ユーザーに価値を与え、ランディングページからアクションを起こしたくなるような説得力のあるコンテンツがある場合のみペイドメディア広告は高いROIを生み出します。

最適化されたランディングページには次の要素があります。

  • EC店舗の運営方針と説明
  • 最低500~600語
  • ランディングページ全体を通してキーボードがタイトルとヘッダーに含まれている
  • 運営企業の明確な説明
  • 信頼を築き、企業とオーディエンスの間でブランドイメージが醸成されるようなコンテンツ
  1. 広告リターゲティング 

広告リターゲティングは2022年のペイド広告戦略として人気を集めています。広告リターゲティングは正しく運用すると非常に大きなメリットがあり、ウェブサイトのコンバージョン率向上において重要な存在です。

広告リターゲティングではクッキーを使ってユーザーの行動を追跡します。クッキーがユーザーの興味・関心事項を追いかけて得たデータからカスタムペイドメディア広告キャンペーンを作ります。毎日の訪問者数が膨大なウェブサイトではこの方法を使ってコンバージョン率と売上を向上し、既存のクライアントや顧客が離れていかないようにすることができます。

  1. 効果的なキーワードターゲティング

効果的なペイドメディア広告作成においてキーワードは重要な役割をもっています。関連性のないキーワードは時間や労力、そして予算をも無駄に消費してしまいます。たとえクリックやインプレッションを得られてとしてもコンバージョン率にはつながりません。

たとえば、ターゲットのキーワードが“シリコン製のスマホケース”なのにメインのキーワードが“透明なスマホケース”の場合、コンバージョンは減り広告費は増えてしまいます。バイヤーが求めているものとキーワードが異なるからです。バイヤーが購入の意欲を示している商品とマッチするキーワードをターゲットすることでペイドキャンペーン費用を最小に抑え、迅速にROIを向上させて最大のコンバージョンを獲得しましょう。

  1. インフルエンサーマーケティングを使う 

クライアントや顧客の注目を集める手段としてインフルエンサーマーケティングはより人気を集めており、その市場規模は2022年に164億ドルに達する見込みです。インフルエンサーマーケティングとペイドメディアが組み合わさると、スポンサー付きの投稿によってブランドイメージは大きく露出することができます。 

多くの企業がブランドにふさわしくないインフルエンサーを選ぶという間違いを犯してしまいます。キーワードのように、選択を間違うとコンバージョン率の大幅な向上は望めません。最適な方法は、自身のフォロワー基盤からトラフィックをもたらすことのできるインフルエンサーを採用することです。そして、インフルエンサーが宣伝している投稿を後押しすることが理想的です。

  1. ペイドメディア広告の自動化ツール 

ペイドメディア広告の手順を自動化するツールを使うことで時間と労力を節約し、マーケティング戦略を効率的に実施することができます。自動化ツールはすべてのペイドメディア広告プラットフォームを1か所に統合できます。

Reporting NinjaやSwydoのようなツールを使うと、PPCマーケターは自身の広告キャンペーンを測定し、レポートを生成することができます。

  1. 分析とテスト

何よりも重要なのはオーディエンスに合わせたキャンペーンのカスタマイズです。すべてのプラットフォームには独自のペイドメディア用のKPIと指標があり、キャンペーンのパフォーマンスを測定できます。しかし、ペイドキャンペーンではABテストを活用することができます。

ABテストでは既存のキャンペーンと新規のキャンペーンを比較してより効率的なキャンペーンを新たに作り上げることができます。ABテストには次の要素が含まれます。

  • 広告スケジュールを使ってより適切な投稿タイミングを理解する
  • 新旧キャンペーンが提供している内容
  • メリット 
  • オーディエンスのターゲティング 
  • ライフスタイルとインフォグラフィックスのイメージの比較
  • デザインの比較

ABテストを実施することで改善の余地を探り、マーケティングキャンペーンに変更を加えることができます。ABテストを使って費用と時間、そして労力を節約しましょう。

まとめ  

ペイドメディア広告はマーケティング業界において将来有望な存在です。今回のブログでご紹介した方法や戦略を使って、トラフィックやリード、そして売上アップを目指しましょう。正しくアプローチすればマーケティング予算を無駄なく適切に使うことができます。

ビジネスにおける主要な目標は売上に対するコストを減らし、最大のROIを得ることです。SEOやインフルエンサーマーケティングなどのデジタルマーケティング戦略とペイドメディア戦略を組み合わせてペイドメディアキャンペーンの恩恵を享受しましょう。

貴社オリジナルのマーケティングプランをお求めの場合はぜひLingbleのデジタルマーケティングとECの専門家にご相談ください