Close
Type at least 1 character to search
トップに戻る
2022年版EC広告のトレンド

2022年版 EC広告のトレンド

EC業界はどこよりも急速的な進化を遂げています。2021年アメリカのEC小売業だけで4.9兆ドルに達しています。今後数年でEC市場は50%成長すると推測され、2025年までに7.4兆ドルを超えるとされています。

この小売業の競争により、売り手、販売会社、ブランドの競合相手とのますます激しい戦いが予想されます。

EC業者にとって、まず目指すべきは顧客を魅了することです。この記事では、今旬なEC広告を紹介していきます。

AIの活用

AIはあらゆる方法でEC業界を形成します。特にECでは、商品に対する顧客の先入観や好みを理解するために顧客データや顧客動向の収集にAIを使用します。

わかりやすいAIの例で言うと、カスタマーケアを行うチャットボットや学習機能が挙げられます。この2つは、この業界における今後のテクノロジーであり未来です。さらに2022年に注目すべき巨大EC広告トレンドと言ってもいいでしょう。

AIは、自動応答で収集した顧客の動向やデータを追って新商品の開拓や顧客体験を教えてくれます。調査によると、小売業者の98%はAIによってECプラットフォームが改善されてると信じてます。

AmazonやGoogleのような巨大デジタル組織は、すでに学習機能やAIを取り入れてます。

AR(拡張現実)

拡張テクノロジーは、バーチャルで物事が見れる次世代の交流手段です。EC市場では、顧客がバーチャルで何を買うか見ることができます。この最先端テクノロジーはファッションや雑貨の分野で活躍します。

AR搭載のスマホが普及し始めてから、AR市場占有率は2024年までに3000億アメリカドルに達すると予測されています。

音声検索

便利な音声検索のおかげで、効率よく日常を送れるようになりました。アメリカの大半の世帯は、音声検索を利用しています。Googleは、全社へ音声検索のコンテンツを利用するように新たにガイドラインを提示しています。

音声アシスタントは2022年には欠かせないEC広告です。座りながら、または料理や掃除をしながら、いい調理器具がどこで買えるか音声アシスタントに聞くことができます。

音声アシスタントのボタンが幅広く採用されたことで、簡単に検索エンジン最適化の役割を果たしてくれるため業種間の競争が緩和されています。音声検索を使う時は、わかりやすいキーワードやフレーズを使うことをおすすめします。

モバイル機器

今の時代スマートフォンを持っていない人はいないと言っても過言ではありません。2021年EC売り上げの73%はスマートフォンなどのモバイル機器からの購入です。

携帯対応のウェブサイトや、実店舗の立地や接客応対の良さが今後のカギとなってきます。

スマートフォンで楽に購入できるようになってから、年々スマートフォンでの取引が増加しています。スマートフォンで買い物をする人から利益を得るにはPPC広告マーケティングは欠かせない要素です。

スマートフォンは使用者数が高いだけでなく、2022年のトレンドEC広告の1つです。

チャットボット

チャットボットは丁寧な応対やカスタマーサポートをこなすため、企業は欠かせないツールとして捉えてます。チャットボットを利用することで支払い時に顧客に費やす時間や労力を削減できます。

チャットボットは独自に臨時問題を解決しますが、問題が複雑な場合はカスタマーアシスタントへ繋いでくれます。チャットボットはAIの部類としてコンバージョン率を上げる働きをしてくれます。さらに、カスタマーサポートや顧客動向をリサーチしてデータ収集の役割を担います。

多様な決済方法

決済方法の選択肢が多いほど顧客から好感を得られます。結果的に、決済方法を複数持ってるネットショップほど売り上げがよく、コンバージョン率も上がってます。決済方法が1つまたは2通りに限られてる場合、購入を諦める可能性が高まります。

顧客データが保存されると、自動入力で情報が反映されるため支払いを早く済ませることできます。ウェブサイトにスマホ対応の支払いゲートウェイを準備しておくことをおすすめします。

コンテンツマーケティング

コンテンツはECの重要な要素です。今後、ECマーケティングの主要部分を担い、コンバージョン率を上げます。

コンテンツマーケティングは、ウェブサイトのブログ、商品、またはサービスの質を上げます。その役割は、ブランド認知度の上昇や、商品説明またはサービスの説明、他と差別化をはかれるセールスポイントの発見などが挙げられます。

ユーザー体験

ユーザー体験はEC広告トレンドの重要なメンバーであり、システムまたはサービスとユーザーの関係性を決めます。企業は利益アップのためユーザー体験に常に力を入れてます。

ユーザー体験でまず大切なのは、質の良いカスタマーサービス、効率的且つ素早い配送手段、好立地、スムーズな決済です。これらの内容に欠陥がないように常に監視する必要があります。

消費者意識

21世紀、多くの企業がオンライン市場に参入し、前例のないECとデジタルショップ間の競争が行われています。ブランドアイデンティティーの構築や、社会的影響力、顧客からの信用があるブランドは有利です。

誰でもオンラインでブランドを立ち上げられる昨今ですが、維持するには顧客を引き寄せる力と価値あるコンテンツが重要です。オープンでないブランドは顧客を失うことになります。

消費者意識に対する効果的且つ細かな計画をたてて、自社ブランドやサービスについて顧客に知ってもらうことをお勧めします。

まずは、顧客の種類を理解する必要があります。

広範囲で見込みのある客に接点を当て、マーケティングプランを立ててください。興味を持った顧客へ自社ブランドをもっと知ってもらいましょう。サービスまたは商品の利点が正しく知れ渡ってるか確認が欠かせません。

ソーシャルメディア

ソーシャルメディアは年齢問わず誰でも参加できる場所です。どのターゲット層も利用してるため、長期的に見て避けては通れないツールです。

ソーシャルメディアの広告は急成長し、企業やブランドはこの市場に大きな期待を掲げてます。巨大ソーシャルメディアであるMeta(元Facebook)は、2009年から2021年までに得た広告利益は1149.3億アメリカドルと言われてます。ECブランドにとってはこの完璧なソーシャルメディアマーケティングを使わない手はないはずです。

インフルエンサーマーケティング

ソーシャルメディアの進歩によって、インフルエンサーマーケティングという新しいマーケティングが現れました。

ソーシャルメディア内で上がってくる毎日のニュースフィードでさえ、数多くのインフルエンサーマーケティングが組み込まれてます。ターゲット客やインフルエンサーを特定をすることで、素早く効果的にブランドアイデンティティーを構築し、アクセス数をさらに増やすことができます。インフルエンサーと組めば、多くの人に自社ブランドを見てもらうことができます。

例えば、フィットネス用品を売っているECストアなら、フィットネスや健康に関連したインフルエンサーを選びましょう。BuzSumoNinjaOutreachのようなツールでは、企業の目的に合ったインフルエンサーを見つけることができます。

さらに、インフルエンサーはハッシュタグを使って、企業の広告キャンペーンのアクセス数を伸ばしてくれます。

動画

顧客の気を引く一番の方法は動画です。消費者の79%は商品説明は文字より動画を好むと言われてます。動画マーケティングを利用した企業は49%早く実績を残してます。

Forersterの研究によると、動画はGoogleの検索順位上位に入る確率が53倍高いことがわかってます。動画マーケティングは変革をもたらし、企業にとって有利な方向へ導いてくれます。

QRコード

実製品を扱ってる企業にもう1つおすすめのEC広告があります。QRコードをスキャンしてウェブサイトの特定のページへ飛ぶ方法です。QRコードはエンゲージメントやウェブページまたはソーシャルメディアのアクセス数を上げる上で効果を発揮します。

さらに定期的に購入する顧客、または初めての購入者へ割引やギフトを提供する上でもQRコードが使われてます。QRコードを読み取るだけでソーシャルメディアやコンテンツへ飛ぶことができます。

最後に

新しい広告を取り入れる前に目標を設定し、正しく明確なヴィジョンを持つことが必要です。トレンドだからといって必ずしも自分の会社に合うわけではありません。誰も貴重な資金を無駄にしたくないはずです。
オリジナルの広告戦略のことなら是非お問い合わせください