Close
Type at least 1 character to search
トップに戻る

Eコマース市場の急成長によって、今までにない多くのオンラインストアが存在しデジタルショッピング市場が急上昇しています。調査によると、2023年にはアメリカだけでもオンライン顧客の数が3億人になると言われています。小売業者は需要の多いオンライン販売に望みをかけています。 しかしながらEコマース市場はやや飽和状態で買い手には何百もの選択肢があるので、コンバージョンを得るには他との差別化が必要です

過去10年ほどの間に業界ではデジタルマーケティングという分野が見出されましたが、今やすでにマーケターに掌握された存在となっています。彼らが今求めているのは、オンラインユーザーへのリーチを強化する方法とターゲットオーディエンスとの互恵的な関係構築方法です。 多くのオンライン小売業者にとって見込み顧客と既存顧客とのメインの接点はウェブサイトになります。だからこそウェブデザインの最新のトレンドを把

コロナの影響により密を避け、ウィルス蔓延防止として実店舗の閉店が余儀なくされました。小規模ビジネスや組織にとって、当初は果たして個人の能力レベルでビジネスが続けられるのか不安がありました。  ところが現在ではパンデミックの状況をも受け入れ、ネットビジネスへの参入、従業員や顧客への対応がデジタル化になることで高利益をもたらすということが証明されています。コロナ禍だからといって不安に感

オンラインショップの利用者数が高まって以来、Eコマース業界ではパーソナライズした購買体験の提供に熱が高まっています。その結果、パーソナライズした購買体験はデジタルマーケティングの要となり、ユーザーの具体的なニーズに適した体験が生み出されるようになりました。 昨今、企業は既存顧客と見込み顧客に関する膨大な量のデータを手にすることができるようになりました。そのデータには、顧客の住んでいる地域や顧