Close
Type at least 1 character to search
トップに戻る
ECによってより良い世界になる

ECが私たちの暮らしに与える良い影響

実際に商品を購入する前にその商品やブランドのことをインターネットで調べることはありますか?ウェブサイトのデザインが優れていることは購入時の判断材料になりますか?飲食店で注文する前によく、世界最大の口コミサイトYelp!やFacebookで他のユーザーの口コミを調べますか?

弁護士のように矢継ぎ早に質問してしまいましたが、これらはECビジネスで成功を収めたいのであれば考えなければならない非常に重要なことです。

オンラインでの購入が当たり前になった今、小売業やドロップシッピングに限らず卸売業にとってもECは欠かせない存在です。デジタル化の進展のおかげで事実上あらゆる地域の消費者がオンラインビジネスやオンライン取引の恩恵を教授しています。 

ECによって私たちの生活、買い物、ビジネスのあり方が良い方向に変化

世界中で50億人以上の人々がインターネットを使用しています。そのうち20億人以上がオンラインでショッピングをしており、その数はこの先も増え続けるでしょう。さらにECの売上は全世界の小売売上高の約16%を占め合計4兆2千億ドルに達しており、企業にとってますます有益な選択肢の一つになっています。

ECのおかげで私たちはソファーから立ち上がることなく必要なものをこれまで以上に簡単に見つけられるようになったのでECビジネスの拡大は良いことです。時間とお金を節約しながらシンプルで快適なオンラインショッピングを楽しめるのは素晴らしいことだと思いませんか?

同様に、企業にとってもECプラットフォームへの投資は大きなメリットがあります。

ECが生み出す新たなビジネスチャンス

2020年3月、新型コロナウイルス対策のためのソーシャルディスタンスの確保と感染蔓延防止のために企業はオフィスや店舗の閉鎖を余儀なくされ、世界中がロックダウンしました。コロナウイルスの世界的な流行で消費者のオンラインショッピングの利用率は過去前例のないレベルに達し、ECの売上は2020年だけで825億ドルを記録しました。従来の年間成長率で見ると、この数字に達するには最低でも4年かかるでしょう。

感染拡大を受けて、人々は実店舗と比べてECの存在の重要性を実感しました。長い行列、感染リスク、そして商品の在庫切れを避けたかった人々にとってオンライン店舗がその解決策でした。

消費者の購買習慣の変化とデジタルチャネルの成長、さらにECの利便性、手頃な価格、幅広い品揃えが加わってオンラインショッピング業界の競争は増し、人気も高まり続けています。

ここから先はECが世界に良い変化を与えている理由をもう少しご紹介します。

地理的制約なしでの販売が可能

実店舗は展開している地域でしか商品を販売できません。超有名店であれば近郊の人々が頻繁に訪れるかもしれませんが、そのような成功例は非常に稀です。

EC店舗があれば世界中でビジネスを展開できます。ECが出現する前はできませんでしたが、今やオンラインビジネスは世界中の市場に進出できるようになりました。今では国境を越えての商品の販売、そして国際市場や規制に応じた価格調整が容易に行えるようになりました。

さらに、スマートフォンを使ってオンラインショッピングをしている約45億人の人々は必要なものを検索・購入するときに地理的な境界線をまったく気にしていません。

売上目標を達成する力の向上

従来の小売店舗ではお客様との関係性やブランディングが売上の原動力になっていましたが、オンライン店舗ではそれらは当てはまりません。

ECの成長に伴い、24時間365日いつでもオンラインショッピングできるようになりました。それにより昼夜を問わず商品やサービスが一年中購入・利用できるため、企業は何百人もの消費者にリーチすることができ、かつてないほどの売上を生み出せるようになりました。

実店舗であれば在庫の数や店内のキャパシティ、接客できるお客様の数が限られます。それに対してオンライン店舗であれば地域の市場の規制に制約されることなく、常に何千人ものユーザーを相手にすることができます。

ECでは、消費者のニーズに合わせて在庫を調整しながら自動でより多くの商品を販売することができます。

また、ユーザーが検索エンジンの検索結果で表示されたリンクを辿って今まで聞いたこともないようなECサイトを訪れることも珍しくありません。このようなトラフィックソースはEC店舗やビジネスにとって新たな転機となり、売上目標を上回り、より多くの利益を上げることにつながります。

シンプルな購入プロセス

もはや消費者は商品購入にあたって何時間も費やす必要がなく、たった数回のクリックで欲しい商品を簡単に注文できるようになりました。膨大な数の商品一覧を閲覧したり、数千もの商品を販売しているウェブサイトを検索して好きなものを注文することができます。

さらに、比較購買によって簡単に2つ以上の商品を比較してぴったりの商品を見つけることができます。これはブランド・ロイヤルティを強固にするための素晴らしい方法でもあります。

低コスト化

ECの目に見える主なメリットはコストの削減です。オンラインの世界での小売業の成長においてECがもっとも経済的な方法であることは間違いありません。多額のマーケティング予算や資本金、投資が必要なく、むしろ非常に高い費用対効果を得ることができます。

さらに、削減されたコストの一部は商品価格の割引という形で消費者に還元することができます。

ECは以下の面でコスト削減に貢献できます。

  • マーケティングと広告費 — 従来のマーケティング方法は非常に費用がかかりますが、それに対し検索エンジンの最適化やSNSマーケティング、PPCは高い効果を得られるうえにより安価におさえることができます。さらに、従来のマーケティングチャネルではできなかった高度なターゲティングとリーチ拡大が可能になります。
  • 実店舗 — オンライン店舗があれば、高額な実店舗が不要になります。
  • 人件費 — ECでは効率的な商品注文、請求処理、在庫管理、その他の業務プロセスなどが自動化されており、実店舗に比べて必要なスタッフの数が少なくなるため人件費を大幅に削減できます。
移動にかかるコストと時間の削減

人々は自分が好きなお店で買い物するために長距離を移動したり、お気に入りの商品を購入するために街の反対側の店舗まで足を運んだりします。

しかし実店舗には在庫や店内のキャパシティに限りがあるため実際には商品を購入できないこともあり、その商品を追い求めるためにさらなる時間とお金が投入されてしまいます。

オンラインショッピングであれは自宅でくつろぎながら店舗を訪れ、わずか数クリックでお気に入りの商品を購入できます。また、商品が玄関先まで届けられるのでECは人々の移動時間を大幅に短縮しています。このような利便性の向上と消費者の購入にかかる所要時間の少なさがオンラインショッピングの成長をより加速させています。

ニッチな商品の新たな市場の創造

ニッチな商品を扱う売り手と買い手は、現実の物理的な世界でお互いを見つけることは難しいですがオンラインではそうではありません。ウェブサイトと検索エンジン最適化だけで、ターゲット顧客があなたのEC店舗に集まってきます。

消費者がすることは、検索エンジンで欲しい商品を検索して商品をカートに追加、そして注文するだけ、と非常にシンプルです。

廃盤になった部品を例にとってみましょう。EC登場以前は古くなった機器は捨てられていました。また、スペアを見つけることに苦労し、見つかる見込みが薄いなかで町中の整備工に確認していたものです。今日においてはオンラインで部品を見つけることができるのでとても簡単になりました。 

ターゲティングしたコミュニケーション

消費者がオンラインでショッピングするときに企業は消費者の住所や電話番号、メールアドレスなどの情報を知ることができます。また、多くのウェブサイトはクッキーを使ってユーザーの行動を追跡し、ユーザーの嗜好を記録しています。

さらに、オンラインショッピングをする人はお気に入りの店舗から最新の割引情報などを受けとるために自ら進んでメールマガジンを購読します。理由は何であれ、消費者が提供する情報はオンラインビジネスにとって非常に有益です。ユーザーに関連性の高いメッセージの作成、プロモーションや割引の提供が可能になるからです。

たとえばAmazonで特定の商品を検索しているユーザーには自動的に類似商品の一覧が表示されます。

まとめ

人々がオンラインショッピングを好むなか、企業がEC開発やオンライン顧客体験に投資することは理にかなっています。しかし、一部の企業は現在のECの成長は一時的なものだと考えており、オンラインショッピングのトレンドを受け入れることに躊躇しています。すべてが以前のような普通の状態に戻ると、消費者も実店舗での買い物に戻るかもしれません。

しかし、デジタル化とオンライン購買習慣が定着化した今、ECはニューノーマルとなりました。ECの優勢は必然であり、そしてさらに新型コロナウイルスの流行によってこの変革が加速したと言えるでしょう。

企業がより多くの利益を獲得し成長するための新たな形の機会をECが提供しているという事実は否定できません。

EC展開についてご相談がございましたら、ぜひLingbleのオンラインマーケティングとオンラインショッピングの専門家までご連絡ください。