Close
Type at least 1 character to search
トップに戻る

ECマーケティング戦略において知っておくべきこと

Eコマースがこの世界に誕生してから20年以上経ちました。2021年の終わりには全世界の小売売上高の18%をECが占めました。もし自身でビジネスを運営したい場合は、ECマーケティングの構造とECマーケティングを使った新規顧客の見つけ方、そして継続的な売上の生み出し方をしっかりと理解しておく必要があります。

しかしECマーケティングとはやり方が決まりきっているものではありません。あなたのブランドの商品やサービスを適切なオーディエンスに届けるための方法やチャネル、戦略はさまざまなものがあります。新たにビジネスを始めるかマーケティング戦略を見直す必要があるにせよ、ECマーケティング戦略の選択肢は数多くありすぐに圧倒されてしまうでしょう。

ECマーケティング戦略の多くは、幸い業界や顧客層に関係なく有効です。そのため、安心してECマーケティングについて学びましょう。

ECマーケティングとは

ECマーケティングとは、商品やサービスを電子的に販売するブランドの認知度やコンバージョンを高めることを指します。

以下のリストがすべてではありませんが、ECマーケターは次の方法やチャネルを使ってオンラインで商品を宣伝しています。

  • ソーシャルメディア 
  • オンラインコンテンツ
  • SEO 
  • メール

さまざまなチャネルを使って商品やサービスへの注目を集め、消費者にブランドと交流してもらい、最終的にオンラインで購入してもらいます。

EC広告という言葉を耳にしたことがあるかもしれませんが、オンラインマーケティングの世界ではこの言葉もよくECマーケティングと同じように使われています。しかしECマーケティングに関しては明確な違いがありますので覚えておきましょう。

ECマーケティングとデジタルマーケティングは同じなのか

まずECマーケティングとは、オンラインで提供される商品やサービスに対象を限定したマーケティングのことです。ECマーケティングを実施している企業のほとんどが実店舗を持たず、通常実体を持つ商品を販売しています。

デジタルマーケティングは、21世紀のビジネスが使うさまざまなオンラインマーケティング戦略の総称で、実店舗のみのビジネス、オンラインのみ、もしくは実店舗とオンラインの組み合わせなど店舗形態は関係ありません。

もしあなたがオンラインショップのみを運営しており、形ある商品を販売し、実店舗を持たない場合、ECマーケティングを活用することになります。

広告もECマーケティングの1つなのか

広告はオンライン・オフラインを問わずマーケティングの1つです。しかしEC広告はECマーケティングの中でも特別で、ブランド認知度の構築とオンライン売上の拡大のために使われる戦略です。

ECビジネスは以下のようなさまざまなチャネルを使って宣伝することができます。

  • Google 広告
  • ソーシャルメディアの広告
  • PPC広告
  • ポップアップとバナー広告

何種類かのECマーケティング戦略とEC広告を同時に実施すると、より効果的なオーディエンスへのリーチ、売上量の増加、ブランド認知度の向上が可能になります。

ここで忘れないでいただきたいのは、ECマーケティングの目標は認知度とコンバージョンを高めることです。しかし、EC広告は有料のプラットフォームやチャネルを使って商品やサービスを宣伝します。

EC広告にはさまざまな形態があります。

  • ディスプレイ広告
  • バナー広告
  • リッチメディア広告
  • カルーセル広告
  • 動画広告

この他にも数多くの広告があります。とは言うものの、まず理解しておくべきなのはEC広告もECマーケティングの手段の1つに過ぎないということです。

ECマーケティングの種類

ECマーケティングには多くの種類が存在します。今回のブログでそのすべての詳細に触れることはできませんが、ここでは知っておくべきもっとも重要なECマーケティングをご紹介します。

コンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングは広範なECマーケティング戦略の大部分を占めており、かつ重要な存在です。また、コンテンツにもさまざまな形態があります。

  • ブログや記事
  • メール
  • ウェブサイトのコピー
  • 動画
  • ガイドやホワイトペーパー
  • 電子書籍
  • インフォグラフィック

オンラインで商品を販売しているのであればブログや記事は不要だとお考えになるかもしれませんが、必ずしも不要とは限りません。コンテンツを使ってオンライン買い物に情報を伝え、楽しんでもらい、商品に関心を持ってもらうことができます。そうすることでコンテンツマーケティングは顧客との信頼を築き、一般的に抱えることの多い諸問題を乗り越えることができます。

コンテンツマーケティングを最大限活用するためのヒント:

  • SEOのために商品ページを最適化 — 理想的な顧客がオンラインショッピング中にあなたの商品を見つけやすくなります。商品と関連性があり、短く、商品名を含んだキーワードをページタイトルや代替テキスト、ヘッダー、そして本文に必ず入れましょう。
  • 商品に関するブログの開設 —関連キーワードを含んだブログを投稿し、製品と紐づけましょう。また、購入客から受けやすい質問に対する回答もブログに記載しましょう。そして読者をコンバージョンに誘導し、ガイドや電子書籍などのゲート付きコンテンツを使って読者に直接商品を宣伝します。
  • ゲストブログ — あなたの顧客が頻繁に訪れる関連サイトにゲスト投稿をしましょう。あなたのブランドや商品が多くの消費者やリードの目に触れやすくなります。また、あなたのウェブサイトへの外部リンクがあることでSEOの信頼性が高まり、より多くのトラフィックを獲得しやすくなるでしょう。
  • 商品の動画をYouTubeに投稿 — YouTubeには10億人以上のユーザーがいるため、あなたのターゲット顧客もおそらくYouTubeを利用しているでしょう。YouTubeであなたのブランドを見つけやすくして商品の購入を促しましょう。解説動画やハウツー動画、さらにお客様の声を動画化したものをアップし、ユーザーの注目を集め、コンバージョンにつなげましょう。

これですべてを網羅できているわけではありませんが、ECマーケティングを始める際にはおすすめのテクニックです。

ソーシャルメディア

一般的に、買い物するためにソーシャルメディアを使う人はいません。消費者があなたのコンテンツを目にするのは、多くの場合消費者がフィードを見ているとき、友人やインフルエンサーのページをチェックしているときです。しかしECブランドにとってソーシャルメディアは顧客とのつながりを持ち、信頼とロイヤリティを構築できる素晴らしい方法です。

ソーシャルメディアでのECマーケティングでは、高い戦略性を持って集中して取り組むことをおすすめします。すべてのソーシャルメディアチャネルがあなたのブランドと相性が良いわけではないので、顧客層を調査してもっとも使用頻度が高いソーシャルメディアとマーケティング活動と予算を費やすべき場所を正確に把握することが欠かせません。

多くの場合、ECサイトの視覚性は非常に高く、ソーシャルメディアはあなたの商品やサービスを宣伝できる素晴らしい方法です。

結局のところ、ソーシャルメディアにおけるECマーケティングの成功の有無は想像力にかかっています。想像力を駆使して人々の注目を集め、あなたのサイトに移動してもらい、商品を購入してもらいましょう。 

ソーシャルメディアでのECマーケティングのヒント:

  • 目立つ画像を使う —あなたの商品の画像をソーシャルメディアで自慢してみましょう。ソーシャルメディアは、ブランド認知度の向上、話題性の増加、消費者の関心を獲得という効果がある素晴らしいチャネルです。
  • 購入可能コンテンツ — ほとんどの場合、ECマーケターたちはソーシャルメディアを使ってトラフィックを商品の特定のページに誘導します。しかしこれは購買サイクルで問題を引き起こします。代わりに、ユーザーがプラットフォーム上ですぐに商品を購入できる購入可能コンテンツを作成しましょう。ユーザーをショッピングカートに直接誘導するディスプレイ広告やタグを作ります。
  • ユーザーのレビューを最大限活用 — Facebookビジネスページはあなたのビジネスや商品に対する肯定的なレビューを紹介できる素晴らしい場所です。人々はソーシャルメディアに他の人の発言や行動を見に行きます。あなたのソーシャルメディアのページにはユーザーのレビューを掲載し、ブランド認知度を高め、ブランドの評判が高くなるようにしましょう。
ECブランド向けのメールマーケティング

メールは顧客との直接的なコミュニケーションラインとして非常に重要な存在です。ソーシャルメディアとは異なり、メールにはあなたのページはありません。しかしメールではメーリングリストを活用できます。メールマーケティングの別の大きなメリットは、一旦メールを設定したら頭の中から忘れても構わないということです。ドリップキャンペーンであればコンテンツを自動化することができます。

ECブランド向けのメールマーケティングのヒント:

  • データとプライバシーの扱いに注意する — 多くの消費者にとってプライバシーは重要なことです。ECマーケターはメールアドレス収集時とユーザーへの連絡時は細心の注意を払い、誠実に対応する必要があります。
  • メールを活用して継続的に売上を確保する — 誰かがあなたから商品を購入し、自発的にメーリングリストに参加した場合は商品購入後にフォローメールを送りましょう。そうすることで、再び商品の購入を促すことができます。新規顧客の獲得よりも既存顧客に販売するほうが簡単かつコストもかからないことを覚えておきましょう。
  • カゴ落ちをメールでフォローする — カゴ落ちが起きた場合、メールを使ってそれとなくコンバージョンを促しましょう。始めはシンプルな案内でカゴ落ちを知らせます。その後、商品購入後に割引クーポンを提供するといった具体的な提案をします。もしくは緊急であることを謳って購入を促します。

ECブランド向けのメールマーケティングでは、多くの戦略や自動化ツールを自由に使うことができます。残念ながらすべてのメールマーケティングのやり方やテクニックを今回のブログでご紹介できませんが、上記のリストを見ていただければどこから手をつけるべきかが分かると思います。

まとめ:ECマーケティング

ECビジネスの売上拡大とブランド構築のためのマーケティング手段は数多くあります。LingbleのEC専門家が考える貴社向けのオリジナルマーケティング戦略を使ってECマーケティングを実施したいとお考えの場合は、ぜひ当社までご連絡ください。無料でご相談を承っております。