Close
Type at least 1 character to search
トップに戻る

ビジネスを拡大させるためのメールマーケティング手法

メールマーケティングは、ブランドの宣伝や売り上げを増やすために使われるもっとも効果的かつ一般的なツールの1つです。実際に、メールマーケティングの平均的な費用対効果は1ドルの経費に対して42ドルの利益という結果が出ています。 

メールマーケティングとは受信トレイにメッセージを届けるだけではなく、もっと大きな力があります。メールマーケティングを使用する際は、ターゲットオーディエンスに関連のある情報をカスタマイズして提供し、有益なコミュニケーションを取れるように注力しましょう。

ここからはメールマーケティングの戦略を見ていきましょう。ここで紹介する戦略はどんなEC企業でも簡単に取り入れることができます。

1 – 計画は事前に立て、キャンペーンの目標は明確にする

他のデジタルマーケティングと同様に、事前に計画を立てることはメールマーケティング戦略の成功を左右する重要なポイントです。 

まず、メールキャンペーンごとに求める成果を決めます。キャンペーンの目的は新しい製品ラインの宣伝ですか?カゴ落ちのフォローですか?それともホリデーシーズンのセールの案内ですか?

キャンペーンによって上げられる成果は異なります。事前にキャンペーンの計画を立てると、ビジネスゴールとの整合性を図りやすくなります。また、メールを送るグループと送らないグループを決める時間を確保できます。

2 – わかりやすいCTA(行動喚起)を含める

オーディエンスがアクションを起こしてくれるようなわかりやすいCTAを作成しましょう。お客様のもとに届くメールにはバイヤージャーニーの次のステップに誘導できるようなメッセージを含めます。

戦略的に割引を活用する

  • 送料無料:カゴ落ちの主な原因は高い送料です。自動送信されるカゴ落ちメールを受け取ったお客様が商品を購入する確率は2.4倍上がります。カゴ落ちしているお客様には送料無料のプロモーションコードを添えて購入を促しましょう。 
  • メールマガジン購読者向けの割引:メールマガジンを購読しているお客様向けに割引を提供して商品の購入を促しましょう。メールマガジンに申し込む人の50%以上が割引が目的という報告があります。
  • 商品のプレゼント:メールマガジンの新規購読者向けに限定でプレゼントを送ることで、メールマーケティングでのオーディエンス拡大を迅速に進めることができます。
3 – メールの自動化

メール送信を自動化して、お客様との長期的な関係の構築、商品販売の機会の増加、ビジネス拡大を目指しましょう。自動化されたメールは通常のメールよりも売上が320%増加するという報告もあります。

たとえば、メールマガジン購読を歓迎するメールを送ることであなたのブランドに対して良い第一印象を与えることができます。このようなメールは他の大量の宣伝メールと比較して開封率が4倍高く、クリック率も5倍高くなります。

お客様の反応を観察し、より深い情報を得る

メールを自動送信するたびに、お客様から重要な情報を受け取ることができます。たとえば、お客様がメールを開封したかどうか、あなたのウェブサイトにアクセスしたか、特典を利用したか、おすすめした商品を購入したか、といった情報がわかります。

4 – パーソナライゼーションが重要

メールを送るときに、そのメールを受け取る人が実際に存在する人間であることを忘れてはいけません。簡単な宣伝文句を書いてそれでおしまいではないのです。お客様の気持ちを汲み取り、あなたから購入するかもしれないプレゼントでどうやったら喜びを感じてもらえるかを考えてみましょう。たとえば、ホリデーシーズン中に送る簡単なグリーティングメッセージがきっかけでお客様との間に信頼関係を築けるかもしれません。 

5 – モバイルフレンドリーなメールを

メールの46%はモバイル機器で開封されています。つまり、メールはモバイルでも見やすいデザインにする必要があります。以下の指針に沿ってデザインを考えてみましょう。

  • デザインはミニマルに
  • レイアウトは1カラム 
  • わかりやすいCTAボタンを設置
  • シンプルな画像を使用
6 – ソーシャルメディアを通してお客様との関係を維持

マーケティング効果を最大化するために、ソーシャルメディアとメールマーケティングを組み合わせましょう。お客様に初めて送るメールには、温かい感謝の言葉とSNSへのリンクを含めます。 

メールマーケティングは売上を増やすだけではなく、お客様をあなたのソーシャルメディアチャネルへ誘導することもできます。

最終的にメールマーケティングの目的はお客様との関係の構築および維持です。お客様に関連性の高い情報をパーソナライズして提供し、お客様から得たデータに基づいてメールキャンペーンを常に最適化していきましょう。

コメントを投稿