Close
Type at least 1 character to search
トップに戻る

デジタルオーディエンスを惹きつける効果的な商品詳細ページのつくり方

オンラインショッピングは以前からありましたが、最近その人気は急上昇しており、至る所にオンラインストアが出現しています。ショッピングセンターまでの移動や店の前の行列を避けたい人にとってオンラインショッピングは便利な存在であり、店舗数が増えることは喜ばしいニュースでしょう。しかし、ECサイトの運営者にとっては競争の激化を意味します。売上を伸ばし、優良顧客の基盤を築きたいのであれば、ECサイトの運営者であるあなたの役割は何百とある競合サイトよりも自身のサイトを際立たせることです。

より多くのお客様を引き寄せるための方法はいくつかあります。その一つが商品詳細ページ(PDP)です。PDPはECサイト上のページのことで、商品の詳細情報(サイズや色、価格、レビュー、画像など)が記載されています。

PDPによって売上は左右されます。なぜでしょうか?それは第一印象が重要だからです。PDPは商品を紹介するだけではありません。PDFからあなたのブランドイメージやあなたのサイトの信頼性、そして細部までこだわりを持っているかどうかなどもわかるのです。

ECサイトのPDPにおける問題点は、シンプル過ぎる構成になっている、もしくは情報が散乱しているかのいずれかです。効果的なPDP作成のコツはこの2つの間でバランスを取ることです。ここから先のセクションでは、より多くのデジタルオーディエンスを惹きつけるために最適なPDPのベストプラクティスの詳細をご紹介します。

1. 高画質の画像を使う

商品画像は潜在顧客をあなたのサイトに惹きつけることができるとてもシンプルな手段です。ユーザーの中にはオンラインでの購入に対して懐疑的だったり、躊躇したりする人もいますが、高画質の大きな商品画像をPDPに追加することでユーザーは購入を検討している商品をよく確認することができ、オンラインでの購入に対する不安がなくなるかもしれません。

たとえばあなたのサイトでウィッグを販売しているとします。さまざまな角度から撮影した写真や、色や長さのバリエーションがわかるが写真があれば、ユーザーは着用している姿をイメージできるため商品を選びやすくなります。

また、ユーザーはスマートフォンとパソコンの両方からあなたのサイトを閲覧しています。いずれのデバイスを使用した場合も問題なく表示されるように、画像が小さすぎたり大きすぎたりしていないか確認しましょう。商品の画像をダウンロードできるようにしておくのも一つのアイディアです。ユーザーがスマートフォンやパソコンの写真のアルバムを見ている際にあなたの商品に目が留まり、購入を検討するかもしれないからです。そこからコンバージョンに繋がることもあります。

他にも、実際にあなたのブランドの商品を使用または着用している人々の画像をサイトに掲載するという方法もあります。こうすることで普段の生活の中にあなたのブランドが存在している姿をイメージしやすくなります。また、さまざまなサイズを着用している人の画像があれば、よりユーザーを購入へと導きやすくなります。

2. 商品名と商品説明

商品名は最初にユーザーの目に触れる商品のセールスポイントです。魅力的な商品名であれば、たった数文字で購入までクロージングすることができます。美容ブランドを例として挙げてみましょう。「トリプルアクション・トナー」や「スリーインワン・クレンザー」という商品はすでに名前だけで潜在顧客の興味を惹きつけています。「スリーインワン(three-in-one)」の商品は三役こなすことができるため、ユーザーにとっては別の商品を買う必要がなく、その分お金を節約できます。

価格や商品の特徴、効果などの商品の情報は必ず最初のページに記載するようにしましょう。特に商品に関する情報をすべて記載したい場合など、商品情報の書き方は非常に難しいですが、これにはコツがあります。その一つが、イコノグラフィーや太字、色の活用です。

たとえば、商品の特徴やそれに関連する情報を短いフレーズで表現したものを商品画像に付け加えて、商品のユニークセリングポイントを強調させることができます。「信頼できるアイテム、さらに長持ち」や「15%オフ」、「再利用可」などの表現があります。これらはユーザーの興味をそそるだけではなく、画面をスクロールして細かい情報を見る時間を省くことにもつながります。

3. 優れた商品説明を書く

商品説明とは、見込み顧客が知っておくべき商品の情報をすべてまとめたものです。商品には欠かせない存在です。では効果的な商品説明とはどのようなものでしょうか?

優れた商品説明を書くポイントは、購入者の立場で考えることです。あなたがある商品の購入を検討している場合、その商品のどのような情報を知りたいと思いますか?具体的にどんな成分や機能を求めていますか?これらの質問に対する答えが出たら、次のステップに進みます。この商品を45秒で友人に売らないといけない場合、商品のどんな情報を友人に伝えますか?どうやって友人に商品を買ってもらいますか?ここまで来たら、早速魅力的かつ短い商品説明を書いてみましょう。

説明文を簡潔にまとめる別の方法に箇条書きがあります。箇条書きはたくさんの情報を記載しやすく、要点がまとめられています。人間の注意が持続する時間は短いので、商品説明文を短く収めたいと考えている場合は箇条書きが便利です。ユーザーの中には退屈しのぎにECサイトを閲覧している人もいます。魅力的かつ簡潔な表現でそのような人たちの注意を引きつけましょう。

4. 商品の評価やレビューを掲載する

時にオンラインショッピングで非常に残念な思いをすることがあるのは周知の事実でしょう。送料や商品到着までの長い待ち時間もさることながら、やっと商品が届いて開けてみたら期待を裏切られてしまうことがあります。人々がオンラインショッピングに対して懐疑的になる一番の理由はここにあります。商品のサイズが大きすぎる、PDPで表示されていた内容をまったく違う、といったことが起きてしまいます。

見込み顧客からの信頼を得るために、商品のレビューや評価をPDPに追加しましょう。過去にあなたのサイトで商品を購入したユーザーに商品の評価やコメントを書いてもらい、商品画像も投稿してもらえるようにするといいでしょう。購入を検討している人はまったく知らない人の意見を信頼する傾向があります。彼らは偽って高評価レビューを残しても何のメリットもないからです。

5. 商品の動画を追加する

商品の動画は見込み顧客の不安を解消するために非常に効果的な方法です。オンラインショッピングでは、商品に実際に触れて品質を確認することができません。そこで、動画で商品を紹介するという方法があります。動画は商品の見た目をありのままに表すことができるので、動画を見たあとのユーザーが商品を購入する確率は64%~85%高くなります。動画を使う場合は、時間を短くし、商品の様子が鮮明に映るような照明にしましょう。商品の使い方や組み立て方なども紹介できるとさらに効果的です。

また、動画は商品購入のクロージング以外にも役立つ点があります。ユーザーがGoogle検索をしているとき、動画コンテンツを含むページのほうが検索結果で優位に立つため、サイトへのトラフィックを増やすことができます。さらに、動画を視聴しているユーザーの直帰率は下がり、サイトでの滞在時間が増えます。多くの人にとって文章よりも動画のほうがより魅力的で注意を引かれるからです。 

6. PDPに関連商品セクションを掲載する

“関連商品”ページの追加は買い手と売り手の両方にいくつかのメリットがあります。まず、商品の購入を考えている人に対して品揃えの良さをアピールすることができます。

また、クロスセリングやアップセリングで売上を増やすこともできます。たとえば、お客様がカートにヨガマットを追加したときにダンベルやスポーツウェア、水筒を一緒におすすめすることができます。関連商品を表示し、お客様が必要かもしれない商品はすべて購入可能であると案内することができます。

もしくは、“この商品を購入した人が見た別の商品”や“あなたが気に入るかもしれない商品”セクションを追加し、見込み顧客に対して似ている商品の中から人気のあるものを紹介することもできます。多くの人は流行に敏感なので他の人が買っているという理由で同じ商品を買おうとする傾向があります。これはバンドワゴン効果と呼ばれます。このような人間の心理を利用して、より多くの商品を売ることができます。

7. 送料と配送日を明確にする

オンライン買い物客の不満の一つに送料が高すぎるということがあります。何週間も欲しい商品を探していた人が、求めていた価格帯でちょうどよい商品を見つけ、急いで購入しようとしています。いざ注文しようとしたときに送料が加算された合計料金を見て立ち止まってしまいます。多くの場合、このように不満を感じたユーザーはすぐにサイトから離れてしまいます。

あなたのECサイトを目立たせたいと思っているのならば、透明性と誠実さを目標にしましょう。送料は定価の横に記載します。そうすることで、お客様は合計料金を支払うか別の安い商品を探すべきかを決めることができます。

もう1つの記載すべき情報は商品の到着予定日です。いつ商品が届くのか、祝日などで配送に影響が出るのかといった情報をお客様に伝えましょう。

ビジネスにおいて、お客様から得た信頼は非常に強力です。お客様は安くて怪しいお店よりも、多少高くても信頼できるお店から購入したいと考えています。

8. 魅力的、そして購入を催促するCTAを作る

最後はクロージングです。初回購入時に送料無料や試供品を提供することで買い手を実際の商品購入まで誘導することができます。また、ストップウォッチを使って期間限定セールが終わるまでの日数や時間を表示させ、急いで商品を購入してもらうこともできます。お得な価格というのは買い物をする人すべてに好まれます。結果、商品が売れる確率が上がります。

今からオンラインビジネスを始める予定があり、ECサイトを構築する必要がありますか?もしくは、実店舗からオンラインストアに移行する予定がありますか?LingbleはオールインワンのEコマース・ソリューションプロバイダーであり、ECサイトの開発からカスタマーケア、物流、配送までのあらゆるサービスを提供しています。

何かお手伝いできることがございましたら弊社までご連絡ください。お客様のビジネスのニーズに合わせてECサイトをカスタマイズしましょう。

コメントを投稿