Close
Type at least 1 character to search
トップに戻る

ソーシャルメディアのエンゲージメントを高めるためのおすすめ動画コンテンツ案

百聞は一見に如かずと言われるように写真は多くの情報を伝えることができますが、動画にはそれ以上であり、その価値はプライスレスです。

ソーシャルメディアのエンゲージメントを高めたいのであれば、動画コンテンツの作成はデジタルマーケティングキャンペーンに含めるべきでしょう。

デジタルマーケターの87%がソーシャルメディア向けの動画コンテンツに予算を投入していますが、その理由は明らかです。YouTubeのコンテンツは毎日世界中で10億時間以上視聴されています。そのため、世界中のオーディエンスへのリーチとエンゲージメントが欲しいのであれば動画コンテンツが有効です。

簡単なことのように聞こえますか?まだ早合点しないでください。ソーシャルメディア向けの魅力的な動画コンテンツ作成に関して知っておくべきことが数点あります。さらに、動画の種類によっては最高のROIを得られるものもあります。

それではマグカップにコーヒーを注いで、メモアプリを立ち上げてください。続きをお話します。

ソーシャルメディア向けの動画作成で成功するために必要なこと

動画作成の方法は世の中に溢れています。しかしその欠点は、選択肢が多すぎて選択に困るという点です。自由にできることが多すぎていとも簡単に圧倒されてしまいます。

しかし、動画マーケティング戦略を絞り込む簡単な方法があります。今からご紹介します。

#1. オーディエンスを知る

さまざまなプラットフォームに向けて動画を作れるようになりました。これは素晴らしいことであり、より多くの人へのリーチが可能になります。

しかしそこで一旦ストップです。マーケティング予算(とあなたの正気)を守るためにも、あなたのオーディエンスがどこで動画を視聴する可能性が高いかを判断する必要があります。

視聴者層やオーディエンスグループはそれぞれ特定のプラットフォームに集まる傾向があります。

たとえば、より成熟した世代のオーディエンスはFacebookでコミュニケーションをとる傾向があり、動画もFacebook上で見ます。その一方で若い人々はInstagramやSnapchatなどでコンテンツを見る傾向が強いです。

以上のことから、あなたの理想的な顧客がいる場所を見つけ、彼らがあなたのコンテンツを見つけやすくなるようにしましょう。幸いなことに、お金と時間をかけて動画用にあらゆるソーシャルメディアのプラットフォームの詳細を学習する必要はありません。

これは次のポイントにつながる話しです。

#2. 使うプラットフォームを決め、使い方をマスターする

おそらく動画を共有するためのプラットフォームを最終的に1つか2つ選ぶことになるでしょう。プラットフォームを絞り込むことで特定のアルゴリズムの動きを掌握することができ、結果的にそのプラットフォームのコントロールが可能になり、動画の再生回数とエンゲージメントを増やすことができます。

カメラを手に取って動画撮影を始める前にリーチしようとしているオーディエンスとリーチしたい理由を明確にしましょう。これら2つの重要な問いかけに対する答えを考えることはプラットフォームを絞り込むときに役立ちます。

まず、ターゲットオーディエンスが動画を見る可能性がもっとも高い場所がどこかを考えてみましょう。また、その動画は視聴者の何らかのニーズを満たしている必要があります。例をご紹介します。

  • オーディエンスを啓蒙したい、オーディエンスは専門分野のプロであるという場合、LinkedInを使いましょう。
  • 視聴者を楽しませたい、複数のバイヤーペルソナが存在するという場合、YouTubeかFacebookが近道かもしれません。
  • インテリアの情報を探している郊外に住む母親たちがターゲット層の場合、Pinterestがおすすめです。

以上のような方法があります。各ソーシャルメディアのユーザー層に関する2021年の統計ガイドはプラットフォームを絞り込む際に役立つでしょう。 

その他、ソーシャルメディア向けの動画を作成時に注意すべきこと:

  • 動画のサイズ — 動画のアスペクト比が動画投稿先のプラットフォームに合っているかを確認しましょう。それぞれのプラットフォームに合わせて最適化し、クオリティの高い動画に見えるようにしましょう。また、画像が引き伸ばされたり、黒帯がランダムに表示されたりしないようにしましょう。いくつか異なるプラットフォームに投稿する場合のアスペクト比は1:1で十分です。
  • プラットフォームに直接アップロードする — すべてのプラットフォームにどんなサイズの動画でもアップロードできるわけではないので、投稿先のプラットフォームに合わせて動画を最適化し、さらに直接アップロードする必要があります。たとえば、YouTubeはGoogleが運営しており、YouTubeはFacebookの直接競合です。それゆえ、YouTubeのリンクはFacebookとあまり相性が良くありません。投稿先のプラットフォームに直接アップロードすることでシェアされる回数が10倍増え、動画の見栄えも良くなり、オーディエンスも喜ぶでしょう。
  • 動画の長さ — 短尺の動画のほうがエンゲージメントが高くなり、データ量も少なく、作成も簡単でモバイルフレンドリーです。エンゲージメントの獲得と短期間で成功を収めるために動画の長さは1〜2分を目標にしましょう。もちろん時間の長い動画も価値があるので、目的やオーディエンスに合わせて長尺動画も検討してみてください。 
  • モバイル向け — モバイルフレンドリーな動画を作りましょう。ソーシャルメディアで視聴されている動画の半数以上はモバイル機器上で再生されています。見た目はシンプルに抑え、動画のアップロード前にミュート状態で再生してみましょう。動画の85%はミュートで視聴されています。音がなくても魅力的な動画になっているか、そして動画にはキャプションと字幕があるかを確認します。
  • 分析 — ソーシャルメディアの分析結果を確認しましょう。パフォーマンスが良いものがあれば、それをもっと増やしましょう。動画のアイディアがなければ、閲覧回数とエンゲージメントがもっとも高かった動画の投稿を見つけてください。その内容を使って短く、消化しやすく、そして視覚的に魅力的な動画を作りましょう。

動画の視聴者にとって本当に価値のあるものを提供することを忘れないようにしましょう。

視聴者が抱えている問題の解決や疑問に感じていることへの回答に動画コンテンツを用いましょう。バリュー・プロポジションを含むウェブページは通常よりも高いエンゲージメントを獲得しています。ソーシャルメディアの動画にも同じことが言えます。

ソーシャルメディアのエンゲージメントを高めるおすすめのアイディア7つ

#1. ハウツー動画や解説動画

このタイプの動画でできることはいくつかあります。通常、ブランドは解説動画を使ってユーザーに商品やサービスの使い方を説明します。あるいは、あなたの顧客基盤があなたのブランドに対して問題を抱えていたり疑問を感じていたりする場合、動画を使ってそれらを解消することができます。 

このようなタイプの動画の需要は非常に高まっています。たとえば、YouTubeのアンケート結果ではハウツー動画の検索が年間70%増加していることがわかりました。幸い、これらの動画は比較的簡単に作ることができます。

#2. 新商品の紹介

新たに提供を始める商品やサービスがある場合、動画での紹介はソーシャルメディアでのエンゲージメントを高められる効果的な方法です。

新商品に対する使用者の関心を高め、よくある質問に答えることもできます。この方法を使えば、新商品の発売時に抱える問題をエンゲージメントを高めながら楽しい方法で乗り越えることができます。

#3. 舞台裏を紹介する動画

あなたの会社内で使われているおもしろいプロセスや働いている人の舞台裏を紹介する動画を顧客に見てもらいましょう。このタイプの動画にはまったく別の目的が2つあります。

#1. 顧客を楽しませ、ブランドに対する信頼を築くことができる

#2. 会社のカルチャーを紹介することができ、採用ツールにも使える

社員へのインタビューを実施し、あなたの会社で働く感想を視聴者に聞いてみてもらってもいいでしょう。

#4. アニメーションコンテンツ

ソーシャルメディアでのエンゲージメントを高められるもう1つの効果的な方法はアニメーションコンテンツです。このタイプの動画の成功は、結局のところあなたが設定した目標やオーディエンス次第ではありますが、アニメーションはエンターテイメント性が高く、いつの時代も愛される存在なので誰しもに好まれています。

フリー素材(animaker.comなど)を使ってアニメーションを作ることもできますが、より戦略的で洗練されたコンテンツを作るためにはプロのクリエイターへ依頼する価値はあります。

#5. Instagramリール

ターゲットオーディエンスが頻繁にInstagramを使うのであれば、Instagramリールに注目しましょう。Instagramリールは15秒の動画で、録音や編集、音楽の追加が可能で、動画は発見タブやストーリー、リールタブへシェアができます。

Instagramリールは尺が短く、作成も簡単で楽しい動画であり、素晴らしい動画コンテンツの1つです。Instagramリールを使って既存のフォロワーとつながりましょう。もしくは、インフルエンサーと一緒に取り組み、リールを宣伝し、Instagram上でのリーチを拡大しましょう。 

#6. インタビュー動画

ソートリーダーのインタビューはオーディエンスからの信頼の獲得、そしてあなたのブランドを業界のリーダーと位置づけることができる非常に効果的な動画コンテンツです。シンプルなQ&A方式でトップ社員や役員にインタビューしてみましょう。

#7. お客様の声

お客様の声を紹介する動画は見込み顧客からの信頼を得ることができます。また、ユーザー生成コンテンツは非常に面白く、ソーシャルメディアでのエンゲージメントを獲得しやすいです。あなたのブランドの商品を好きな理由を顧客に話してもらってみてください。また、このタイプの動画には説得力があり、エバーグリーンコンテンツであることからユーザーがあなたのウェブサイトを訪問したときにより多くの売上につながります。

まとめ:ソーシャルメディア向けの動画コンテンツ作成

ソーシャルメディア向けの動画は複雑である必要はありません。先行投資をほとんど必要としない短尺動画でも、エンゲージメントの獲得やブランド認知度の向上に非常に効果があります。今回ご紹介した7つのアイディアを使ってすぐにソーシャルメディアマーケティングをレベルアップさせましょう。

動画はマーケティング・フライホイールにおけるアセットの1つに過ぎませんが、動画コンテンツへの投資を最大限活かすためには戦略やテクニック、そして専門知識が必要です。カスタマイズしたマーケティング戦略がご必要な場合は、ぜひ当社までご連絡ください。ご相談は無料で承っております。