Close
Type at least 1 character to search
トップに戻る

グローバル市場の競合分析におけるおすすめの戦略

強固なマーケティング戦略の構築には競合分析が欠かせません。競合他社の動きを調べ、理解することで顧客のニーズを知ることができ、適切なオーディエンスに適切な方法で商品やサービスを展開することができます。

あなたのビジネスとグローバル顧客に向けたオーダーメイドのマーケティングプランが必要な場合は、ぜひとも弊社にご連絡ください

ここからは、競合分析の重要さとその方法をご紹介します。

競合分析とは

競合分析とは、同じ業界で競合他社が展開している商品や売上、マーケティング戦略に関する情報を収集するためのアプローチのことです。競合分析することで、業界の動き方を詳しく知ることができますし、顧客やクライアントの中で眠っているニーズを満たすチャンスの発見にもつながります。

競合分析することで最新のトレンドを熟知し、業界標準を満たす方法を知ることもできます。

また、競合分析は自社製品独自のバリュー・プロポジションの確認にも使われます。製品やサービスの特徴を明確にし、様々なマーケティングキャンペーンに活用することができます。

定期的に競合分析を行うことで他社の強みを知ることもできます。これは自社の製品やサービスをグレードアップするためには欠かせない情報であり、顧客との関係維持、そして優れた品質を顧客に継続的に提供することにつながります。

同様に他社の弱点も知ることができ、完璧なマーケティングキャンペーンの作成と市場の隙間のニーズを活用する格好の機会になります。

効果的な競合分析をすると、次のことが可能になります。

  • 市場の隙間のニーズの発見
  • 新たな製品やサービスの導入
  • マーケティングトレンドの把握
  • 顧客データを活用したマーケティングキャンペーンの作成
  • 成長度合いを測定するためのベンチマークの設定

競合分析に取り組むときには戦略的な思考と計画が求められます。競合他社を特定し、調査方法を決め、収集したデータを組み合わせて強固なマーケティング戦略を作り上げる必要があります。

綿密な競合分析を実施する方法をご紹介します。

競合他社の特定 

効果的で戦略的な競合分析の方法では競合他社の特定が求められますが、競合には直接競合と間接競合があります。

直接競合 

直接競合とは、あなたのビジネスと似ている製品やサービスを提供するブランド・企業を指します。同じ地域で展開しているビジネスやターゲットオーディエンスが同じビジネスも含まれます。

たとえば、あなたがロンドンでハードカバーの書籍を販売する本屋を営業しているとします。同じ地域で似たような種類の書籍を似たような顧客層に販売している別の本屋が直接競合になります。

間接競合

間接競合は、同じ業界で直接的にビジネスを展開していないが、デジタルマーケティングの面で競合に位置する企業を指します。似ているキーワードをターゲットにしている、似た種類のコンテンツを書いている、同じ顧客基盤をターゲットにしている、などの場合です。

先ほどの本屋の例ですと、ロンドンにある実店舗の本屋が直接競合であり、似た種類の書籍を販売しているオンラインの本屋が間接競合になります。

直接競合と間接競合の両方に対する調査を含めた綿密な競合分析の実施が理想です。

直接競合を見つける

 直接競合を見つける場合は、あなたが提供している製品やサービスのニッチな部分を考慮する必要があります。まず、時間をかけて自社の製品やサービスを研究し、ターゲットオーディエンスに提供できる価値を特定しましょう。そうすることで、同じようなオーディエンスに対して類似の製品やサービス、そして価値を提供している他のビジネスを見つけることができます。

ターゲットオーディエンスの特定には次のことを実行します。

綿密なマーケット調査 

最初にすべきことは、自社の製品やサービスの市場の評価です。同じ製品やサービスを提供している企業を同じ地域、同じ国、そして世界中から探します。また、売上における競合他社も特定しておく必要があります。

そのために、営業チームと相談して販売プロセスにおける競合を発見します。そこで得た情報に基づき、競合他社を細かく分析し、他社の製品やサービス、そしてマーケティングキャンペーンの種類を知ることができます。

また、他社のマーケティング活動の長所と短所を見ることで、市場との乖離を知ることもできます。これは競合に勝つための効果的な戦略の立案につながります。

顧客からのフィードバックの分析 

あなたのビジネスの成長において最も重要な役割を果たすのは顧客です。ですから、顧客からのフィードバックの収集は競合分析の中で非常に重要な要素になります。また、あなたのビジネスが得意とする分野に関する総合的な情報を得ることもでき、強固なマーケティング戦略の作成につながります。

そのためには、ソーシャルメディアやあなたと同じような製品やサービスを提供しているビジネスに関する本音の口コミサイトを調べる必要があります。また、営業チームが直接ターゲット市場にリーチし、人々が商品の購入を検討している企業についてヒアリングすることもできます。

オンラインコミュニティに参加 

最近の研究によると、ミレニアル世代の50%が友人や家族、そしてオンラインコミュニティからのおすすめに基づいて商品を購入しています。このことを考えると、RedditやQuoraなどのオンラインフォーラムに参加すれば簡単に直接競合を見つけることができるでしょう。

これらのプラットフォームでは、特定の製品やサービスに関するユーザー同士の議論や推奨、レビューの投稿が行われています。営業チームとマーケティングチームがこれらのプラットフォームに目を通し、直接競合を特定することができます。

間接競合の特定 

間接競合もあなたのビジネスのデジタル面での成長において重要な役割を果たしています。間接競合はあなたのコンテンツと直接的に競争するコンテンツを作成しているため、バイヤージャーニーの初期段階では重要になる可能性があります。そのため、競合分析を行う前にそのような競合を特定しておかなければなりません。

キーワードリサーチの実施

間接競合を特定する際の最初のステップは、キーワードリサーチです。競合のSEO分析をすることで、どの検索エンジン(Google、YouTube、Bingなど)でのランキング上位を目指しているかを発見できます。

これが重要な理由は、あなたの顧客はGoogleで特定のキーワードやフレーズを使って商品やサービスを検索するからです。現在のデジタル市場では、SEOとコンテンツマーケティングは協力的に作用しています。そのため、他社のウェブサイトが使用しているキーワードやコンテンツと似ている部分を見つけなければなりません。

SEOのプラットフォームやツールを使って、競合のキーワードの使い方や被リンク戦略などのデジタルデータを調べることもできます。これらの情報を基に、あなたのビジネスがターゲティングしている重要なキーワードで表示されるウェブサイトのランキングをリストアップすることもできます。これらのページがあなたの間接競合になります。

SERPの使用 

間接競合を特定する最も簡単な方法はSERPを調べることです。おそらくあなたの競合には、あなたのコンテンツと同じようなトピックを使ったコンテンツマーケティング計画があるはずです。もしあなたが既にオンページ/オフページ・コンテンツ・プランがあるなら、Googleで直接キーワードを検索し、SERPでページランキングを見てみましょう。そこで表示されているサイトがあなたの競合になります。

しかし、もし明確なコンテンツ・プランがなければ、あなたの製品のバリュー・プロポジションを探し、あなたのビジネスに不可欠なキーワードを見つけてください。その後、それらのキーワードを検索エンジンで調べ、間接競合を特定・分析します。

ペイド広告のデータを調査

ペイド広告のデータも間接競合を特定する場合に使える競合分析の方法です。AdWordsなどのツールを使って、あなたのビジネスのマーケティングキャンペーンのとって重要なキーワードを調べます。次に、それらのキーワードを使った広告キャンペーンに投資している企業やウェブサイトを調べます。そして、それらのウェブページを間接競合のリストに追加します。

競合分析で気を付けるべき重要なポイント

競合の特定が終わったら、以下の手順で競合を分析する必要があります。まずは競合分析に何を含めるかを見ていきましょう。

競合のウェブサイトの分析 

リードとコンバージョンの増加において、ユーザーエクスペリエンスは重要な役割を果たしています。ですから、競合分析では競合のウェブサイトを分析し、ウェブデザインの長所と短所を発見することが必要です。たとえば、以下の点を調査します。

  • ナビゲーションメニュー
  • 製品・サービスカタログ
  • 製品一覧
  • チェックアウト・エクスペリエンス
  • 配送条件
  • オンサイト・マーケティングツール

これらの情報を基に自社のウェブサイトのUXを向上させ、最適なUXを顧客に提供することができます。

競合の価格戦略の調査

価格もまた競合分析で気を付けるべき要素の1つです。パーセプション・マップを使えば競合すべての価格カテゴリを測ることができます。この情報を基にして価格設定を設計するときの基準値を設定することができます。

また価格だけではなく、競合が提供している追加サービスについても調査する必要があります。顧客の好みや顧客価値を知ることができるからです。

競合が使っているツールやテクノロジーの特定

以下のような競合が使っているツールやテクノロジーもまた競合分析で考慮すべき項目です。

  • プラットフォーム(WordPress、Shopify、BigCommerceなど)
  • ウェブサイトに追加されている拡張機能やプラグイン
  • 決済方法や保証のオプション
  • AIやAR、VR、チャットボットなどのテクノロジー

まとめ

何から手を付けていいか分からない場合は特に競合分析はとても面倒な作業に感じるかもしれません。しかし、直接競合と間接競合を特定するだけで総合的かつ効果的な分析を行えます。競合を特定し終わったら、彼らの長所と短所を調査し、そこで得た情報を基にして自社のマーケティング戦略を改善し、完璧な戦略を目指しましょう。
もし総合的な分析を実施するためのリソースがない場合や競合分析の実際の例や成功例を知らない場合はぜひとも弊社までご連絡ください。弊社の担当チームが御社のビジネスの強み、弱点、ビジネスチャンス、脅威となる存在をすべて明確にし、グローバル市場で成長するための最適な方法をご案内します。