Close
Type at least 1 character to search
トップに戻る

Eコマースブランドのための測定可能な内部SEO対策

ショッパーがオンラインのウィンドウショッピングをしている時、大体買い物が始まる場所は同じです。それは、Googleです。68%ものデジタル体験が検索エンジンから始まっているのです。

eコマースストアが検索エンジンの結果でヒットして欲しいとお考えならば、サイトをSEO最適化したり、検索エンジン最適化をしなければなりません。 

SEOによって、 eコマースストアがより多くの人にみられるようになります。今よりも遥かに多くのお客様に見られるようになるのです。正しく行うことで、SEOによって何千もの新規ショッパーが訪問し、長期的に販売数を上げてくれます。

しかし、SEOは簡単ではありません。大きな結果を出すにはSEOには少しの技術と長期的な戦略が必要です。だからeコマースブランドは、SEOではなく有料広告に手を出すのです。だってそのほうが早くて、簡単だから。

でも、SEOクリックは100%無料で、無数の見込み客に見せてくれます。Googleだけでも35億人が毎日検索しているんです。SEOに投資をされたことがない方、今こそ一歩を踏み出す時です。

SEOを正しく始めるには、要素を理解する必要があります。SEOは内部SEOと外部SEOの2つから成り立ちます。 内部SEOが大切な理由、ビギナー向けの内部SEOチェック項目6つを見ていきましょう。

内部SEOとその必要性とは?

内部SEOは、自分のサイトの検索エンジンでのランキングを向上させるために最適化するものです。コンテンツ、キーワード、ウェブサイト構造、URL、バックエンド構造の最適化を含みます。

内部SEOの魅力は、自分でコントロールできることです。だからLingbleはeコマースクライアントには難易度の高い外部SEOではなく、その前にはすぐにできて、簡単な内部SEO対策から始めることを推奨しています。 

内部および外部SEOのどちらもサイト訪問者を増やし、訪問者エンゲージメントを高め、コンバージョンを司ります。似ているものの、戦略は全く異なります。内部SEOハ、ご自身の検索エンジンでのランキングとトラフィックを向上させるために改造を視野に入れます。

内部SEOが必要な理由は?

ゲストブログやリンクビルディングなど外部戦略も大切ですが、まずは内部の対策からです。ご自身のサイトはご自身が一番操れるのです。つまり、内部を最適化することで、成果が上げやすくなります。

それでも、「時間をかける価値があるのだろうか?」と疑問に思うことでしょう。チームや上司にSEO戦略について説得しなければならない場合は、内部SEOに投資する利点を考えてみましょう:

  • 徐々にSEOランキングを向上させる:内部SEOは徐々にランキングを上げてくれ、非常に役立ちます。Google検索エンジン結果ページ(SERP)の一部で上昇することで、クリックスルーを31%上げることができます。
  • コンバージョンの増加:SEOは最高の体験を提供することでお客様の期待に答えられるサービスを提供する手助けをします。ショッパーの49%が検索エンジンに依拠して購買決定をしているため、質の高い内部SEOはより関連しており、関心のあるショッパーをサイトに引き寄せます。さらに、ボイスアシスタントによる全ての検索の50%にリーチすることができ、これはSEOなどのオーガニック戦略によってのみなしえることです。
  • 無料:SEOの唯一かかるコストは時間(および少しのツール)です。SEOはオーガニック戦略であり、ほとんどコストはかかりません。無料だからこそ、内部SEOはeコマースビジネスが成長するとともに、上がっていきます。いい話じゃありませんか?

eコマースは熾烈な競争です。競争で差別化を図るには、SEOに真剣に取り組まなければなりません。ですが、SEOは複雑なのも確かです。eコマースブランドをどこから始めたらいいかどうしたらわかるのでしょうか?大丈夫です。Lingbleがわかりやすくお伝えします。

成長の余地がある内部SEO対策の作り方6つ

6ステップの内部SEOチェックリストから始めましょう。

戦略#1:他の場所では得ることのできないコンテンツを作る

「赤い靴を買うべき5つの理由」なんていうタイトルの記事を本当に書きたいですか?誰も読みたくないでしょう。

ブランドであるため、特別な情報や体験へのアクセスがあります。例えば、ファッションブランドであれば、新しいコレクションやトレンドの兆しに関する洞察があることでしょう。

成長の余地があるコンテンツを作るには、次のことはお試しください:

  • コンテンツチームを採用する:まだチームがなければ、内部コンテンツチームを構成し、ページエフォートをあげるようにしましょう。予算が限られている場合には、外部に委託することもできます。
  • ファンフルエンサーを活用:忠誠心があり、熱狂的なショッパー(「ファンフルエンサー」)はブランドの製品を愛してやまないことから、ブランドについて語ってくれることでしょう。彼らのオンラインの投稿を見てみましょう。動画やレビューなどが皆様側からの労力なしに使えるコンテンツにぴったりのものです。
  • ユーザーによるコンテンツを活用する:ユーザーによって作成されたコンテンツ(UGC)によってコンテンツのエンゲージメントを28%高めることができますYotpoCuralatePixleeなどのツールを試して、成長する可能性かのあるご自身のeコマースサイトでUGCを活用しましょう。

知識を仕舞い込むのはやめましょう。シェアしましょう!Lingbleは全クライアントに、独自の観点や知識をシェアするように推奨しています。常識から外れていても、スタンスを確立し、他では得られないような独自のコンテンツを出していきましょう。SERPで目立ち、SEOランキングを上げるのに役立ちます。

戦略#2:マルチメディアで書かれたブログを超えて考える

「コンテンツ」と言うと、ブログを連想すると思いますが、文書だけでなく、他にもいろいろなコンテンツがあります。例えば次のようなものです:

  • 動画
  • インフォグラフィック
  • eブック
  • SNS投稿

テキストだけのコンテンツというブラックホールに吸い込まれないように。様々なオプションがあります。さらに、ショッパーはマルチメディアコンテンツを好むのです。ショッパーの72%がテキストではなく、動画コンテンツを好むのをご存知でしたか?

コンテンツを最大限活かすために、Lingbleは次のことを推奨しています:

  • 5から10分の動画を撮影する
  • 動画音声をポッドキャストにする
  • ポッドキャストをブログで文字起こしする
  • SNSのブログから引用する

たった一つマルチメディアコンテンツを作るだけで、面倒な作業なしに複数コンテンツ(ブログを含む)を得られます。

このポイントは、エンゲージメントを高めることです。コンテンツにエンゲージする人は、それを世界とシェアする傾向がありますー同時にその過程で内部SEOも上昇されます。さらに、定期的に様々なコンテンツをシェアすることで、あなたが価値のあるリソースであることをショッパーに知らせる検索エンジンに伝えます。

戦略#3:国際的なeコマースではコンテンツのローカライズ

内部SEOの多くは、自身のeコマースショッパーのためにeコマースショッパーに関連するコンテンツを書くことにあります。コンテンツとSEOは簡単なものではありませんが、グローバルブランドであるならば、必ず挑まなければいけない壁です。

カスタマイズによってeコマース販売を向上させることができますが、世界をあいてに販売している場合はカスタムが困難です。コンテンツをローカライズすることで、ショッパーのニーズを把握しましょう。もしドイツ、ロシア、韓国を相手にするならば、各国向けにローカライズされたコンテンツが必要ということです。

確かに、コンテンツを一つ作成して、翻訳することもできますが、LingbleはGoogle翻訳以上のものを提供することをおすすめします。ドイツのショッパーと韓国のショッパーのポップカルチャーは同じでしょうか?違いますよね。

これはローカルな市場を知るということです。それぞれの市場にいるショッパーはどんなことに関心があるのでしょうか?
以下のようなツールを使ってショッパーの心を読みましょう: 

祝日や他の重要なイベントを探すことで、ショッパーの住む地域にさらにコンテンツを合わせることができます。

このようにして、内部SEOのコンテンツを作成し、さらに関連したユーザーをサイトに呼び込みます。その結果として、より良い体験とSERPでの上昇が得られるでしょう。 

戦略#4:長期的でより関連したキーワードをコンテンツに含む

キーワードは内部SEOを最適化するのに重要な要素ですが、eコマースキーワードの裏に、実際の戦略を立てておく必要があります。「赤い靴」などというキーワードをターゲットにして、SERPでeコマースストアが1位を取れるなんていう考えは捨てましょう。

これらの短いキーワードは 「ショートテールキーワード」呼ばれており、販売する製品を表すのによく使われる言葉です。「メンズシャツ」や「子供のおもちゃ」、「ズボン」なのキーワードは全てショートテールキーワードです。問題は、みんながみんなこのキーワードをターゲットにしていることです。競争率が高いため、SERPのランキングを上げることが難しいのです。

さらに、どちらにせよサイト上でユーザーに「赤い靴」なんて探して欲しくはないはずです。このショートテール検索では、顧客の意図を把握することができません。つまり、それほど購買意欲のないフワッとしていて、それほど関心のない人を引き寄せるために努力をしているということになるのです。

その代わりに、ロングテールキーワードを使用して、ショッパーが欲しいものを提供しましょう。このキーワードは、3文字以上のフレーズで、検索時により深いコンテキスト与えることができます。例えば、「赤い靴」を「26cmの赤い靴」としたり、「赤い靴どこで買う」のような長い形に変えることができます。

適切なキーワードを選ぶことで、より多くのショッパーがサイトを見つけられるようになり、検索エンジからのクリックやコンバージョンを増やすことができます。

戦略#5:バックエンド設定にはテンプレートや形式を使用

内部SEOはeコマーストラフィックを増加させる無料の戦略ですが、一つ問題があります。それは、SEOの内部設定を全て手動で調整するには非常に時間がかかるということです。だからLingbleは、内部SEO最適化を迅速に行うにはテンプレートや形式を使うことを推奨しているのです。

次のテンプレートや形式を作成するにあたり、SEOチームとミーティングをしましょう:

  • ブログ:画像、H1からH6ヘッダー、もしくは一貫してブログに載せたいものなどを載せる場所を含む全てのブログに対するテンプレートを作成しましょう。これにより、コンテンツチームがSEO最適化で頭を悩ませる必要がなくなり、ただテンプレートにコンテンツを盛り込むだけでよくなります。
  • URL:eコマースのURLは長く、乱雑で複雑になりがちですが、出来る限りURLの構造をシンプルにしましょう。製品を特定するための番号を使用できるようにサイトを設定するのではなく、製品名を使用しましょう。これはショッパーにも検索エンジンボットにもこのまれる形式なので、Win-Winですね!
  • タイトルとメタディスクリプション:ワードプレス用Yoast SEOプラグインによって、事前に選択された形式に基づきタイトルやメタを自動で設定してくれます。

内部SEOへの取り組みを扱いやすくすることが目的です。2000を超える新製品のタイトルタグを作成する代わりに、負担を軽くしてくれるテンプレートを使用しましょう。

戦略#6:内部ページのリンク

外部SEOが他のサイトからのバックリンクにフォーカスする一方で、内部SEOは自分のページのリンクを重視します。

適切な内部リンク戦略がありますか?もしくは、うまくいけばいいなと思っている程度でしょうか?

検索エンジンはバリューとストラクチャーをより与えてくれる内部リンクを好みます。ナビゲーションヒエラルキーから検索エンジンにあなたがサイト上でいかにアイデアをアレンジしたかが伝えられます。

つまり、内部リンクはサイト訪問者に様々な情報を提供できることを検索エンジンに示すことができるから、重要なのです。

内部リンクには、次のことを試してみましょう:

  • 「関連製品」ウィジェットやアプリ。ShopifyWordPress/Woocommerceのようなeコマースプラットフォームを使用している場合、様々な製品ツールにアクセスできます。これによって、関連製品ページ間のリンクを簡単に追加できるため、苦痛な内部リンクの時間を削減することができます。
  • サイト内に検索機能を追加:これによりショッパーが情報をより速く探せるようになります。これと同時に、ページとサイトの関係も構築しましょう。顧客の検索行動や内部リンク関連ページに関するデータを集めましょう。
  • 製品説明コンテンツを作成:製品に説明が必要な場合、製品を詳細に説明したブログや動画を作成しましょう。ブログのコンテンツを出して、製品ページとリンク付けましょう。

大規模に内部リンクをする方法もありますが、この作業には手作業も含まれます。やってみる価値はありますが、内部リンクの方が検索エンジンによりコンテキストを与えられます。

何もしなくてもランキングを上げてくれる戦略で内部SEOを改善

検索エンジンでのビジビリティを求めるのは、誰でも一緒です。でも、ただ良い結果を臨だでは何もかわりません。eコマース販売を上げたいなら、SEOにまず着手しましょう。

Lingbleでは、少し内部ページを調整するだけで、検索エンジンでの現れ方が全く違った例を見てきました。より難易度の高い外部ページSEO対策に移行する前に、この6つの内部SEO戦略から始めましょう。SEOは一晩でどうにかなるものではないため、ビジネスに長期的な成果をもたらします。現状を把握し、検索結果でのビジビリティを上げるための調整を続けるために、現在のご自身の内部SEOパフォーマンスをチェックしましょう。

コメントを投稿