Close
Type at least 1 character to search
トップに戻る

リングブル:グローバルECで、ブランドに属するECウェブサイト重要性の理由は3つがあります

2021年から今まで、アマゾンが中国「越境EC」業者の不正対応を強化して、せめて3000規約違反したブランドのアカウントを凍結しました。アマゾン公式から説明によって、規約違反に対する対応は全世界共通です。凍結と閉店が時々に発生していますので、多数の中国系業者のアカウントを閉鎖した背景には、政治を含む外的な要素は一切影響していないと強調されました。

しかし、事件がアマゾンで営業している日本ブランドと販売者を深刻に不安させないかもしれませんが、マーケットプレイスに出店て営業する各種プラットフォーム規則のせいで、グローバルECビジネスを制約されていることが確かに存在します。だから、ブランドに属するグローバルECウェブサイトは重要になれています。グローバルECトレンドからの視点、グローバルECウェブサイト重要性の理由は3つがあります。

グローバルECビジネス開発優勢とブランド所有権支配

グローバルECブランドと販売者として、世界に販路を広げたくない企業は存在していないはずです。例えば、アマゾンがブランドと販売者に18市場のマーケットプレイス開店選択を提供しています。でも、もし貴社の製品デザインと証明書が18以外の他国輸入の法則を適応できれば、顧客が流れていくことになってしまった。マーケットプレイス店舗よりも、手軽に世界中に販売が行えるのは絶対にECウェブサイトの特性と優位性です。ブランドに対して、ヘッドマーケットを除いて、他国からの顧客はロングテール市場であるとしても、総収入数字が必ずしも少ないとは限りません。

しかも、マーケットプレイス店舗規則制限されるよりも、グローバルEC企業に対しての自分ブランド製品の計画、管理、価格設定、マーケティングなどたくさん戦略と営業についてのことは、ECウェブサイトも絶対に優位性を持っております。それに、ブランドECウェブサイトのおかげで、顧客データ、Webサイトのトラフィック、グローバルのドメイン、SEOパフォーマンスの蓄積などのブランド資産所有は可能になります。これらは、持続可能なグローバルECブランドにとって非常に重要であるだけではなく、より高い粗利益率を長期的に追求するための基礎でもあります。

グローバルEC運営中心化の便利性

グローバルECウェブサイト運営ともっと持続投資でも、単一市場あるいはヘッドマーケットを運営することが放棄する必要があるという意味ではありません。例えば、企業はそれらの国内外ヘッドマーケットにアマゾン店舗とShopifyウェブサイトは運営続けでいいです。マルチチャンネルの中心化運営と管理は、真グローバルECウェブサイトの魅力です。

普通は真グローバルECウェブサイトがマルチチャネル製品カタログ、マルチチャネルマーケティング、注文、顧客データ管理を提供できます。グローバルECウェブサイト中心として、外在のデジタルチャネル、マーケットプレイス店舗、ERPなどのデータプラットフォームと対接して、マルチチャネル製品情報管理と製品販売を実現できます。同時に、1つそれとも2つのチャネルが閉じられることの影響と損失を減らすことができます。

グローバルECウェブサイトに対して戦略運営リスク共有必要性

サードパーティのレポートによると、少なくない製品カテゴリーは(特に電子製品や日用品企業)、越境ECマーケットプレイスからの主なGMV収入はまだ支配されています。その反、グローバルECウェブサイトから損益計算書に反映されるの売り上はだた平均40%です。ではだけでなく、同様的なマーケットプレイス成功のために、もっと投資は必要があります、これが大きな抑止力の主な理由かもしれません。ブランドのアマゾン店舗と違う、残念なのは、顧客は新ブランドグローバルECウェブサイトにの信頼を持っていません。しかも、新市場とロングテール市場からの顧客があるんですけど、総収入数字はまだ未知です、最初は必ずしも多くとは限りません。

でも、マーケットプレイス店舗よりも、グローバルECウェブサイトは長期粗利益率が必ず明らかに高くて、忠実な顧客の開拓と蓄積拠点でもあります、これらは持続利益に最も重要です。従って、理想的なグローバルECウェブサイトのパートナーとはSaaSウェブサイト作成プラットフォームが必要であるだけでなく、投資リスクを共有する可能性が提供されるというものです。例えば、初期段階でゼロコストで構築します、注文から手数料を引き出します、グローバルECウェブサイト運営チームが配置される。

リングブル

リングブルはグローバルECに必要なウェブサイトの作成から、決済、配送、顧客管理などの業務を統合、ワンストップでサービスを提供するプラットフォーム。海外展開のノウハウがない企業でもグローバルECサイトを開設することが出来る。特徴は、24時間多言語対応カスタマーサポートに各国の物流や法規制、関税手続きに対応。各国企業の倉庫から直接購入者に配送する。利用料は成果報酬型で初期費用、月額固定費は不要で世界18カ国に従業員を有し、国内外売り上げ数億円から数兆円規模の幅広いパートナー企業にサービスを提供している。日本では20年から本格的にサービス開始、現在80社前後。本社はシンガポール。プロスペクトフィールドが日本でのパートナー窓口。