Close
Type at least 1 character to search
トップに戻る

XLARGEがLingbleと提携してグローバルECサイトをローンチ

ゴリラロゴ(OG)で有名なアメリカ西海岸のストリートウェアブランドXLARGEがグローバルECサイトをローンチしました。

LingbleはXLARGEのために英語と簡体字中国語をサポートするグローバルサイトを構築しました。サイトでは24時間年中無休のライブチャットサポートも利用できます。また、ローカライズされた購買体験を提供し、150ドル以上の注文ではどの国や地域でも配送料が無料になります。

XLARGEが最初のアンダーグラウンドなストリートウェアショップまたはブランドだったかは歴史が決めることですが、私が革新を持って言えることは、誰かのコンセプトの真似やコピーはしていないということです。そしてXLARGEはスケーターブランドでもグラフィティーブランドでもなく、レイヴやクラブファッションブランドでもなく、ストリートウェアのブランドなのです。これは大胆でおかしな案だったのですが、私たちが売るべきものはロゴでした。しかしこの戦略は上手くいき、反響を呼びました。すぐに仲間やファンが生まれ、シーンを生み出しました。そしてXLARGEが予想し、一部にもなっている新たなサブカルチャーをこのロゴが象徴するようになりました。” – XLARGE共同設立者、イーライ・ボナーズ氏

グローバルECサイトのローンチにより、XLARGEは世界中の人々が現代的なストリートファッションで自身を表現する機会を生み出します。

XLARGEについて:ロサンゼルスのストリートカルチャーの先駆者であるXLARGEは、1991年にLA近郊のロスフェリッツにあるバーモント通りで初めて店舗をオープンしました。イーライ・ボナーズ氏とアダム・シルヴァーマン氏が開いた店舗は多様性のある地域コミュニティのニーズを満たし、すぐにビースティ・ボーイズのマイクDやスパイク・ジョーンズ、クロエ・セヴィニーなどの著名人のファッションに取り入れられました。このブランドは、ワークウェアやビンテージウェア、クラブシーンの美しさから中世のデザイン、スケートボード、音楽の影響など幅広くインスピレーションを受けています。ゴリラのロゴが象徴的なXLARGEは独創的なブランドとしての地位を確立しており、これからも世界中のストリートカルチャー世代に影響を与え続けていくでしょう。