ブログ

2023年の旧正月に向けて早めにつかむべきECのビジネスチャンス

作成者 Lingble

2023年の旧正月に向けて早めにつかむべきECのビジネスチャンス

2023年の旧正月は2022年に比べて10日早く始まります。EC業者にとって、これは考慮すべきさまざまなビジネスチャンスといくつかのトラブルの可能性をもたらします。そこで旧正月商戦に先手を打つために、ROIとコンバージョンを向上させるためのECのチャンスのヒントをご紹介します。 旧正月とサプライチェーン:知っておくべきこと 例年より早い今年の旧正月は、トラック運転手や貨物運送会社にとって特に重要な年となります。旧正月のお祝い時期は、労働力の不足による出荷の遅れは一時的に解消傾向にあります。しかしトラック運転手や貨物運送の労働者は例年より早く休みを取ることが予想される為、サプライチェーンのさまざまなネットワークに影響を与える可能性があります。 例えば、シーズン後半に在庫を動かし始めると信頼できる運送会社を見つけるのが難しくなります。また直前の輸送の欠便も起こり得るでしょう。 原因としては2022年下半期にEC提供の需要が低下したことが挙げられます。それにより、今回の旧正月シーズンは多くの運送業者が欠便や減便で人為的に需給率を調整しようとする可能性があります。 また、

2023年に取り入れたいおすすめのECトレンド

作成者 Lingble

2023年に取り入れたいおすすめのECトレンド

新しいトレンドをすぐ取り入れることは長期的な成長を望むビジネスにとって素晴らしい戦略です。消費者の期待するものは常に変化し、新たなテクノロジーも出現しています。そのような時代の中でビジネスを成功させるためにも2023年のおすすめのECトレンドを先取りしましょう。 #1. エコなショッピング 消費者の半数はサステナブルな商品やサービスに多くのお金を使いたいと考えています。さらに、ある調査に参加した消費者の5人に1人は新しいブランドを探すときにサステナビリティを優先に考えると回答しています。このような状況なのでますます多くのEC事業者がサステナビリティ対策に投資するようになっています。 では具体的にどうやってこのトレンドに乗り、環境への意識の高い消費者にアピールしたらよいのでしょうか? * 既存のオペレーションの評価 — サステナビリティ施策への投資前に既存のプロセスを評価しましょう。包装、材料の調達、エネルギー消費が環境問題に取り組むべきもっとも一般的な分野です。 * 説明責任 — 環境に配慮したビジネスを実践する際は透明性を確保しましょう。顧客からのフィードバック

オムニチャネルEC戦略とその活用方法

作成者 Lingble

オムニチャネルEC戦略とその活用方法

ECビジネスは両手で水をすくうように難しいものだとお感じですか?せっかく掴めたと思ってもコンバージョン率が落ちてしまう―よく分かります。だからこそオムニチャネルEC戦略が必要なのです。 オムニチャネルとは ECにおけるオムニチャネルとは複数のチャネルを通じてユーザーに一貫性のあるブランド・ショッピング体験を提供する販売アプローチのことです。 ユーザーはSNSやウェブサイトに限らず、ブランドが消費者と接点を取ろうとしているあらゆるチャネルを通してそのブランドを体験しています。 今日の特に競争の激しいオンライン市場においてターゲット顧客の注目を集めそれを維持することは非常に重要であるものの、同時に難しくもあります。 ECが思うようにいかない皆さんはこれらの統計結果に聞き覚えがありますか?EC事業者を対象にしたある調査では次の項目が成功への最大のハードルになっているという結果が出ました。 * マーケティングスタック全体を通しての統合の管理 * マーケティング施策の実行スピード * 統一された明確な顧客像獲得の困難さ * 進化するテクノロジーとの適応 幸